logo

ANZ Bank、FRSGlobalを規制関連報告書作成のコーポレート標準に決定―APJの大手銀行が、12か国でRegProを選択

London and Singapore, Oct 6, 2009 - (JCN Newswire) - リスクおよび規制関係報告書作成ソリューションの唯一のグローバルプロバイダで、40か国以上を統一プラットフォームでカバーするFRSGlobal社が、Australia and New Zealand Banking Group Limited (ANZ)が、スーパー地域銀行としての同行のプレゼンス拡大に伴い、アジア太平洋および日本(APJ)の12か国に、FRSGlobal社の規制関連報告書作成ツールRegProを実装する選択をしたことを、本日発表しました。

London and Singapore, Oct 6, 2009 - (JCN Newswire) - リスクおよび規制関係報告書作成ソリューションの唯一のグローバルプロバイダで、40か国以上を統一プラットフォームでカバーするFRSGlobal社が、Australia and New Zealand Banking Group Limited (ANZ)が、スーパー地域銀行としての同行のプレゼンス拡大に伴い、アジア太平洋および日本(APJ)の12か国に、FRSGlobal社の規制関連報告書作成ツールRegProを実装する選択をしたことを、本日発表しました。

まず、RegProは、ANZ Bankのインドネシア、中国、シンガポール、台湾、香港、ベトナム、日本、インド、フィリピン、韓国、カンボジア事業所に展開されます。同行には、その後、RegProを南太平洋、オーストラリア、ニュージーランドに展開するオプションもあります。

過去12か月間で、APJにおけるFRSGlobal社製品のサービス範囲は、3か国から8か国に広がりました。ANZ Bankが加わることで、さらに拡大する見込みです。

アジア太平洋地域および日本担当副社長Steve Thurleyは、次のようにコメントしました。

「この地域でANZ Bank様と協業することを光栄に感じています。これは、FRSGlobal社のソリューションが、グローバル銀行の規制関連需要にたいへんよく適合していることを示す一例です。弊社ソリューションを使えば、グローバル銀行は、高価で難しく保守リスクの大きいローカルソリューションを大量に実装する必要がなくなります。弊社のオファリングをぜひお勧めできる強みとは、複数国のリスクと規制関連報告書作成機能を、技術とビジネスの両面から集中化して、グローバルな規制やコンプライアンスおよびリスク要件にローカルレベルで対応できるところです。

FRSGlobal社のRegProを実装することで、ANZ Bankは、グローバルな規制要件に対応できるでしょう。RegProには、次のような機能があります。

- 多数のソースシステムから発生した評価済みデータ用の単一レポジトリ
DataFoundation。複数システムからひとつの物理ロケーションにデータを抽出できる単一集中化ソリューションで、4つのデータ課題、つまり可用性、移動、統合、品質に対応します。

- リスク生成と規制関連報告書作成を自動化する使いやすいソフトウェア
ReportGenerator-- 40か国以上の規制関連報告書 -- ReportGlobal -- 報告書関連当局の要件を適正に遵守し続ける保証がありますので、現在のような状況の中で、金融機関が規制遵守し続ける際の負担を軽減することができます。

- 新しい国や社内管理方式の報告書を定義する機能

- ReportBuilder

- 提出した規制関連報告書のライブラリで、ある数字が何に基づいているかを完全に掘り下げたり、跡をたどったりすることが可能な監査機能です。

当社お問い合わせ先
FRSGlobal
Lauren Dearmer
PRマネージャ
電話: +44 (0) 20 7539 6525 +44 (0) 20 7539 6525
メール:lauren.dearmer@frsglobal.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事