logo

今後5年間で、北米市場に4万以上の風力タービンが設置

米国市場調査会社、パイクリサーチ社が北米の風力エネルギー市場を調査した「北米の風力エネルギー概観レポート:風力発電量とタービン開発、市場分析、予測 - Wind Energy Outlook for North America Wind Power Generation Capacity and Turbine Deployments: Market Analysis and Forecasts」を出版

北米の風力発電量は、2008年に前年比約9ギガワット(GW)増加して、27GWを上回り、世界最大の発電量を誇ることになった。米国の環境保護関連市場調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「北米の風力エネルギー概観レポート:風力発電量とタービン開発、市場分析、予測 - Wind Energy Outlook for North America:Wind Power Generation Capacity and Turbine Deployments: Market Analysis and Forecasts」は、風力タービン市場は、新設と、大型化やより効率のよいタービンへの更新によって、2015年まで成長し続けるだろうと報告している。タービン市場は、3年ほど停滞するものの、2011年に成長を再開すると予測しており、風力タービンの累積導入数は2010-2015年で4万を上回るだろうと予測している。

「2009年は、世界の風力市場の決定的瞬間となるだろう。2008年後半に始まった世界の経済恐慌は、ほとんど地球規模で産業を混乱に陥れた。それでも資本市場が回復し、風力エネルギー関連の規制環境が整えば、市場の見通しはより長期間に楽観的と言えるだろう」とパイクリサーチ社の常務Clint Wheelock氏は語る。

新規の採用以外の発展をもたらす要因は、老朽化しているタービンのより新しい、より大きな、より効率のよいモデルへの更新である。パイクリサーチ社は、2015年には、北米の全タービン設置の45%がこうした更新であるだろうと予測している。

この調査レポートは、北米の風力発電、特にタービンメーカーの市場機会と課題を分析し、最新の経済環境と政策の動向も記載している。風力ビジネスの主要企業のプロファイル、市場規模や市場区分、タービンベンダの市場シェア分析などの数量データ分析、米国とカナダ市場の2015年までの成長予測を記載している。

【調査レポート】
北米の風力エネルギー概観レポート:風力発電量とタービン開発、市場分析、予測 
Wind Energy Outlook for North America
Wind Power Generation Capacity and Turbine Deployments: Market Analysis and Forecasts
リンク

◆パイクリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。