logo

株式会社ヒューリンクスが大規模データを扱うための統合データ解析ツールの新バージョンFlexPro 8 [フレックス・プロ8]を発売しました

株式会社ヒューリンクス 2009年10月02日 13時00分
From ValuePress!

報道各位

この度、株式会社ヒューリンクスは、大規模データを扱うための統合データ解析ツールの新バージョンFlexPro 8 [フレックス・プロ8]を発売いたしました。

データストレージの大容量化やギガヘルツ単位のサンプリングに対応した測定機器の出現により研究や開発の現場で測定されるデータも非常に大きくなっています。多くのデータ解析ツールは最大でもファイルサイズ 2GB までのデータしか対応していません。FlexPro であれば 2GB を超えるような非常に大容量のデータファイルを読み込み、グラフ化し、解析することができます。

-------

FlexPro とは

主にオシロスコープやデータレコーダ、データロガー等で収集された時系列データを簡単に素早くグラフ化、解析、ドキュメント化することができるソフトウェアです。
2GB を超えるデータをインポートし、処理することができます。
メニューバーやツールバーのポイントアンドクリック、ドラッグアンドドロップなどといった操作でグラフ作成から複雑な解析、ドキュメント作成まで行えます。
マクロレコーディングなど作業の自動化機能も装備しています。
騒音や振動、電流など時系列データを取り扱う場面が多い、自動車を中心とした輸送機器メーカー、電機メーカー、電力関連の現場および研究部門で愛用されています。

-------

新機能・改良点

・ユーザーインターフェイスの改良
オブジェクトの階層表示により、ナビゲーションが容易になりました。また、ダイナミックなヘルプ表示により、選択したオブジェクトに関連したトピックへ容易にアクセスできます。

・オブジェクト表示の改良
グラフに境界線、許容帯、接線などを追加するディメンジョンカーブ機能、カーブの移動などカーソル機能が大幅に拡充されました。ワークシートでは最大 16 までのペインを使用できるようになりました。ペインのサイズも柔軟に調整することができます。

・解析プロシージャと解析オブジェクトに関する機能追加
事象隔離解析オブジェクトの大幅改良、シグナルスケーリング解析オブジェクトの追加、パワースペクトル密度スペクトルタイプの追加などが行われています。

・解析モジュールの新機能
機械振動が人体に与える影響を解析する人体振動解析モジュールが新たに追加されました。音響解析モジュールにはラウドネス解析オブジェクトの追加、スペクトル解析モジュールにはピークホールドスペクトル、ピークホールドSTFTの追加などが行われています。

・FPScriptの改良
Professsional ではバックグラウンドでの解析、解析の並列処理が可能になりました。FPScript エディタに関数や引数の入力を手助けするアシスタンス機能が追加されました。最後に計算された結果およびローカル変数のコンテンツを表示する観察ウィンドウが追加されるなど FPScriptデバッガも改良されました。


2009年10月
株式会社ヒューリンクス


※ 製品の機能の詳細・動作環境は下記URLをご覧ください。
リンク


■ 販売価格 [税込]

FlexPro 8 Standard 日本語版: 241,500円
FlexPro 8 Professional 日本語版: 367,500円
FlexPro 8 View日本語版: 94,500円

FlexPro 8 Standard 日本語版 教育用: 94,500円
FlexPro 8 Professional 日本語版 教育用: 147,000円

FlexPro 8 Developer Suite 日本語版: 819,000円

統計解析モジュール: 94,500円
カウントプロシージャモジュール: 94,500円
次数解析モジュール: 79,800円
スペクトル解析モジュール: 136,500円
音響解析モジュール: 126,000円
デジタルフィルタモジュール: 126,000円
人体振動解析モジュール: 73,500円


■ 見積のご依頼、購入方法:
弊社営業部 (soft.sales@hulinks.co.jp)


【本件に関するお問い合わせ先】

本リリースについてお問い合わせは、マーケティング部 (marketing@hulinks.co.jp) までご連絡ください。


《関連URL》
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。