logo

スマートリンクネットワークが、SSLサーバ証明書「セコムパスポートfor Web SR2.0」の販売開始  ~セコム、日本ベリサイン、サイバートラストの3ブランドのSSLサーバ証明書を提供~

株式会社スマートリンクネットワーク 2009年09月30日 16時00分
From ValuePress!

報道発表資料

オンライン決済サービスを提供する株式会社スマートリンクネットワーク(本社:東京都港区 代表取締役社長:神岡 晴夫 以下「スマートリンク」)は、セコムトラストシステムズ株式会社※1(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:伊藤 博)が提供するSSLサーバ証明※2『セコムパスポートfor Web SR2.0』の販売を開始しました。

スマートリンクでは、2009年2月より「e-SCOTTセキュリティサービス」として、日本ベリサイン、サイバートラストのSSLサーバ証明書販売を行ってきましたが、新しく『セコムパスポートfor Web SR2.0』を追加することにより、他のSSLサーバ証明書と異なるメリットを提供し、事業者様の選択の幅を広げます。

■ セコムパスポートfor Web SR2.0のメリット
 1.負荷分散構成でも同一FQDN(Fully Qualified Domain Name)であれば追加料金不要
 2.証明書内容に変更が発生した場合の再発行費用不要
 3.有効期限が最長5年の証明書があり、5年間は証明書更新作業が不要
 4.必要書類到着の翌営業日の発行が可能

スマートリンクでは、これまでも、オーソリゼーションと同時に個人の属性データなどを確認することで本人確認を行うオリジナルの認証サービス「認証アシストサービス」と「3-D Secure」の2種類の本人確認・認証サービスにより、安心・安全なクレジットカードの利用環境を提供してまいりましたが、さらに「e-SCOTTセキュリティサービス」を拡充することにより、決済サービスのみならず、ECサイトの安全・安心の確保に貢献する様々なサービスを提供してまいります。


※1 セコムトラストシステムズ株式会社は、セコムグループの情報系企業として、先進的IT技術を利用した大規模災害対策と情報セキュリティをコアにしたトータル情報サービス会社として、企業の事業継続を支援する各種サービスを提供しています。リンク

※2 「SSLサーバ証明書」は、ECサイトの利用者に対して、ECサイトの運営主体である法人組織の実在性を証明(フィッシング詐欺対策に有効)し、 ECサイトとPCや携帯端末のブラウザ間の通信の安全性を保護するSSL(セキュア・ソケット・レイヤー)暗号化通信を利用可能にするため、 個人情報の安全な通信を確保することが可能になります。

<会社概要>

株式会社スマートリンクネットワークは、様々な可能性と共に拡大を続けるインターネットを舞台に、e-SCOTT(クレジットカード決済代行サービス)、収納代行サービスをはじめとした様々なサービスを提供し、ECの健全な発展に貢献してまいります。

〔商号〕    
株式会社スマートリンクネットワーク
リンク
〔設立年月日〕
2006年9月1日
〔所在地〕
〒107-0062 東京都港区南青山1丁目1番1号
〔資本金〕
4億8,875万円
〔株主〕
株式会社ソニーファイナンスインターナショナル
株式会社ジェーシービー
株式会社日本カードネットワーク
三井住友カード株式会社
イオンクレジットサービス株式会社
〔事業概要〕
1. 非対面取引に係るクレジットカード決済事業
2. 非対面取引に係るその他決済サービス事業全般
3. 非対面取引に係るクレジットカードデータ処理センター事業全般
4. 非対面取引に係る情報セキュリティに関する事業
5. 非対面取引に係る電子認証に関する事業
6. 上記各事業に付帯・関連するコンサルティング業務をはじめ一切の事業

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社スマートリンクネットワーク
経営企画部 : 菅沼・鶴田
電話   : 03-3475-6212

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。