logo

企業のIPSユーザが選ぶ侵入防止ベンダのトップ3はCisco、McAfee、Juniper

米国の調査会社インフォネティックリサーチ社が侵入防止システム(IPS)導入計画を調査した「ユーザーの侵入防止システム計画:北米-User Plans for Intrusion Prevention Systems Annual North America」を出版

米国調査会社インフォネティクスリサーチ社の年刊調査レポート「ユーザーの侵入防止システム計画:北米 - User Plans for Intrusion Prevention Systems - Annual North America」は、侵入防止システムを利用している大企業の購買担当者を対象に調査している。

◆主任アナリストJeff Heynen氏の注目点

企業が侵入防止システムを採用する際の2つの大きな促進要因は、データセンタ保護と、セキュリティ問題への影響を縮小することである。多くの大企業の最大の関心事はデータセンターの再構築であり、大規模なデータセンタの修理で最重要なのはセキュリティであり、侵入防止システムに投資する大企業の最も重要な促進要因である。

◆市場調査レポートのハイライト

●調査回答者の約60%が、侵入防止システムデバイスを既に導入していると回答した
●回答者の1/3が、侵入防止システム製品のアップデートが難しいことが、新しい侵入防止システムソリューションを購入しない強力な要因となっている
●回答者の43%が、サービスとしての侵入防止システム製品を選択するだろうと回答した。その内、約1/4がセキュリティ専門のサービスプロバイダのサービスとしての侵入防止システム製品を選択し、約1/5が主要キャリアに切り換えると回答した
●インフォネティクスリサーチ社が調査した大企業による、6社の侵入防止システムベンダについての、8つの質問(技術、製品ロードマップ、セキュリティ、管理、バリュー、価格、財政の健全性、サービス、サポート)による採点では、すべてにおいてCiscoが最高点を獲得し、McAfee、Juniperと続いた

◆調査レポートの概要

この調査レポートは、2011年までの米国とカナダの、侵入防止システム製品メーカーとサービスプロバイダの製品機能と、企業の採用計画を調査している。

6社のIPSメーカーのランキングとベンダスコアカードや、幅広いブランド認知度を調査し、IPS採用の促進要因と阻害要因、IPS-as-a-Service、導入計画、製品機能、IPS購入プロセスなどのトピックスについて調査している。

産業界、教育、政府、医療、製造業、金融/保険/不動産業などの幅広い分野から回答を得ている。回答者の69%は、企業のIPS購買の意思決定者、またはかなり影響力のある人である。回答者は、IT/IS/MIS、ネットワーク管理、システム管理、エンジニアリング、管理全般、技術、エンジニアリングサービスの分野の人である。

【調査レポート】
ユーザーの侵入防止システム計画:北米
User Plans for Intrusion Prevention Systems Annual North America
リンク

◆インフォネティックリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社 データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

侵入防止システム展開の促進要因

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]