logo

世界のRFIDを牽引するアジア太平洋地域

インドの調査会社RNCOS社は出版レポート「世界のRFID市場調査 2009年:市場分析と2010年までの予測 - Global RFID Market Analysis till 2010」のプレスリリースにおいて、世界のRFID市場の見通しは明るく、2013年まで年平均成長率(CAGR)約28%で成長するという予測結果を発表した。

【プレスリリース日本語訳】
この2、3年間、政府の補助によって、身分保障カードや運転免許証などの様々な垂直市場におけるRFID技術の利用が促進し、世界のRFID市場は急速な成長を継続してきた。私企業によるRFID技術の採用も進んだため、世界のRFID市場は力強く成長してきた。

インドの調査会社RNCOS社の調査レポート「世界のRFID市場調査 2009年:市場分析と2010年までの予測 - Global RFID Market Analysis till 2010」は、不況にもかかわらず世界のRFID市場の見通しは明るく、2013年まで年平均成長率(CAGR)約28%で成長するだろうと予測している。また、この成長は、アジア太平洋地域の国々でのRFID技術の採用が急速に進んだことによるところが大きい。とはいえ、2008年末には、南北アメリカや欧州でも普及が進むだろう。

中国、インド、韓国、台湾、タイなどでの、RFIDアプリケーションの急速な採用によって、アジア太平洋地域のRFID収益は大きく成長するだろう。RFIDプロジェクトの数も増加し、エンドユーザーも積極的にサプライチェーンにRFID技術を取り入れようとしている。タグやレコーダなどの初期投資は高価なため、投資対象は高額商品に限られている。しかし、価格の下落によって、投資は容易になり、アジア太平洋地域のRFID市場は、今後数年間確実に成長するだろう。

この調査レポートは、世界のRFID市場に関する大規模な調査と慎重な分析を提供している。多くの垂直市場の、様々な企業や新しいアプリケーションを調査し、RFIDの現在の市場と今後の見通しを記載している。世界のRFID市場を論理的に議論し、ビジネスチャンスや成功の秘訣を、長期と短期の両面から分析している。RFIDの市場傾向と、世界の主要国での普及状況も記載している。

【調査レポート】
世界のRFID市場調査 2009年:市場分析と2010年までの予測
Global RFID Market Analysis till 2010
リンク

【RNCOSについて】
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]