logo

2012年までに550億ドルに達する分散型の太陽光発電市場

米国の調査会社パイクリサーチ社が太陽光発電市場の動向や需要促進要因、予測などを掲載した「分散型太陽光発電市場:補助電源規模の太陽光発電市場の分析と予測-Distributed Solar Energy Generation Sub-Utility Scale Photovoltaics: Market Analysis and Forecasts」を出版

様々な再生可能な発電技術を利用した分散型の発電は、世界の増加する電力需要を満たすための最も重要な方法のひとつである。分散型の再生可能な発電市場では、補助電源規模の太陽光発電システムが最大かつ最重要な分野である。米国調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「分散型太陽光発電市場:補助電源規模の太陽光発電市場の分析と予測 - Distributed Solar Energy Generation:Sub-Utility Scale Photovoltaics: Market Analysis and Forecasts」は、分散型太陽光発電市場は、今後数年間、非常に大きく成長し、世界のシステム収益は年間550億ドルを上回り、2012年には2.5ギガワットに達するだろうと報告している。

「住宅とビジネス向けの太陽光発電は、今は補助金によって推進されている市場であるが、今後数年間は政府や公益企業の補助金などのインセンティブによる規模の経済によってコスト構造が改善するだろうとパイクリサーチ社は予測している。固定価格買い取り制度(feed-in tariffs)などのインセンティブへの依存が少ない欧州では3-5年、米国では5-10年で自立的な市場が実現するだろう」と、調査レポートの著者でアナリストであるDavid Link氏は語る。

分散型太陽光発電は近年、ドイツ、日本、スペイン、米国などの市場で拡大した。パイクリサーチ社は、2011年には小型太陽光発電の普及で米国が最大の市場となり、ドイツを抜くと予測している。欧州諸国の市場も勢いがあり、長期的には中国やインドも重要な市場となるだろう。

この調査レポートは、分散型の再生可能な発電市場の拡大のなかでも、世界の分散型太陽光発電市場のビジネスチャンスを調査している。政府主導の法規制やインセンティブなどの主要なビジネス要因や需要促進要因と、市場の基本的な事項を調査し、2013年までの世界の太陽光発電能力、システム収益、導入価格を予測している。


【調査レポート】
分散型太陽光発電市場:補助電源規模の太陽光発電市場の分析と予測
Distributed Solar Energy Generation Sub-Utility Scale Photovoltaics: Market Analysis and Forecasts
リンク

◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]