logo

「JOYSOUND」を手がけるエクシングが、ユーザー教育なしで「アリエル・エンタープライズ」を導入~検討から運用開始まで6ヶ月、全社情報共有システムを効率的に刷新~

報道関係者 各位

2009年 9月 9日
アリエル・ネットワーク株式会社
代表取締役社長 原田 和人


人と情報との新たなあり方を創造するアリエル・ネットワーク株式会社(本
社:東京都品川区、代表取締役社長:原田和人、以下 アリエル)は、
このたび業務用カラオケ事業「JOYSOUND」をはじめエンターテイメント事業
を展開する株式会社エクシング(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:
吉田篤司、以下エクシング)が、全社情報共有基盤にWeb コラボレーシ
ョンウェア「ArielAirOne(R) Enterprise(以下 アリエル・エンタープライズ)」を
採用したことを、以下のとおりお知らせいたします。


■■ 企業文化に根ざした独自のワークスタイルの継承と発展

エクシングでは、新たなシステムの導入にあたり、
海外製を含めた複数の情報共有基盤を比較検討した結果、アリエル・エンタ
ープライズの導入を決定しました。
これは、メンテナンス性や開発生産性も含んだコストパフォーマンスの良
さ、充実したサポートや保守体制による運用後のメンテナンス負荷の軽減、
および短期間での導入を実現できるスケジュールとスピード感など、
複数の要因がいずれも有益と判断され、採用されたものです。

導入にあたってエクシングは、「モバイルを利用したワークフロー」につい
て、現行システムの維持とさらなる発展を大きなテーマのひとつに掲げてい
ました。
これには、新しいものへの取り組みを積極的に行う社風から、8年前より他
社に先駆けてモバイルでのワークフローシステムを構築しており、エクシン
グ独自のワークスタイルとして定着している背景がありました。


■■ 柔軟性とカスタマイズ性を活かし、教育不要で短期間での導入実現へ

大手企業において新たなソフトウェアを導入する場合、多くのリスクや工数
が伴います。
情報システム部門にとっては、社内ユーザーへの利用方法の周知や教育に
リソースを割かなければならない状況が負担になることも多く、一方利用者
側も、既存のソフトウェアとはUI が大きく変わることにより、想像以上に
抵抗感をおぼえることが少なくありません。しかしながら、教育が不十分で
あると、活用度の低下、ひいては生産性の低下にもつながりかねません。

アリエル・エンタープライズは、パッケージソフトウェアながらも、柔軟性
に優れ、企業独自のワークスタイルにフィットしたアプリケーションを容易
に構築、メンテナンスすることができます。さらに、わかりやすく直感的に
操作することができる「人に優しい」ユーザーインターフェイスであるた
め、利用者もスムーズに使いこなすことが可能です。

エクシングでは、アリエル・エンタープライズの、コンポーネントの組み合
わせだけでフィットしたシステム構築ができる、柔軟性と自由度が卓越して
いる点を十分に活かし、以前独自に作っていたモバイルワークフローアプリ
ケーションと同じビジュアルで画面を再現。これが功を奏し、構想から展開
までわずか半年、そして教育に時間や手間を費やすことが困難な状況の中で
も、ユーザーからの問い合わせもほぼ皆無のままスムーズにサービスインす
るに至りました。


■■ 「ワークフロー」システムの可能性を探る

エクシングでは、監査でも、ワークフローシステムが内部統制上有効なもの
であると評価されたことなどから、アリエル・エンタープライズを利用した
ワークフローのさらなる拡張を検討しています。社内ユーザーからの要望の
実現、社内に多数存在するワークフローのシステム化についても模索してい
くほか、「社内だけでなく社外のシステムベンダーと共有して保守に関わる
ワークフローを構築できないか」など、既成概念にとらわれることなく、独
自のシステムや利用方法について、引き続きその可能性を探り、業務の効率
化や内部統制推進につなげていくことにしています。

アリエルでは、ワークフローをはじめとする企業独自のワークスタイルに合
ったシステムの構築を支援すべく、今後も企業価値の創造と生産性向上のた
めのビジネスソリューションを提供してまいります。

以上

--------------------------------------------------------------------
■ ArielAirOne(R) Enterpriseとは
アリエル・エンタープライズは、標準アプリケーションであるグループウェ
ア・企業情報ポータル(EIP)の提供と、事業やビジネスモデルに応じた企業
独自のカスタムアプリケーション開発を可能とすることで、拡張性・柔軟性
の高い情報共有環境の構築とともに、大規模な組織内で扱われる様々な情報
のシームレスなデータ連携と高度なセキュリティによる集中的な管理を実現
するWeb型コラボレーションウェアです。集約された情報を組織や部門のみ
ならず個人に最適化して表示することで、情報へのアクセスを容易にし、ビ
ジネス活動に結びつけるための行動支援と業務効率の大幅な向上を実現しま
す。

リンク
--------------------------------------------------------------------
■ エクシングについて
リンク
--------------------------------------------------------------------
■ アリエル・ネットワーク株式会社について
アリエル・ネットワーク株式会社は、米国でNotes開発に携わった、旧ロー
タス社の技術者を中心に2001年4月11日に日本で設立。グリッドなどの分散
コンピューティング技術に着眼、分散コンピューティング環境開発基盤を自
社開発するとともに、大企業向けWebコラボレーションウェアを開発し、イ
ンターネット、社内ネットワークを問わずネットワークに接続された環境
で、セキュリティを保持しながら、ネットワークを意識せずに必要な情報を
取得、送信する仕組みを提供している。

【会社概要】
代表者 :代表取締役社長 原田和人
設立年月日 :2001年4月11日
資本金 :5000万円
本社所在地 :〒141-0031 東京都品川区西五反田8-1-14 最勝ビル7F
事業内容 :情報共有パッケージソフトウェアの開発、販売、サポート
企業URL :リンク
--------------------------------------------------------------------
■ お問い合わせ

アリエル・ネットワーク株式会社
担当 : 藤木(広報)
TEL : 03-5740-8802
FAX : 03-5740-8804
お問い合わせ : cs@ariel-networks.com


※ 本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。