logo

オペレータのためにもなる太陽光と風力による' グリーン 'セルラー基地局市場

米国の調査会社インスタット社がセルラー基地局市場の技術を調査したレポート「グリーン基地局:現実化する携帯電話インフラの再生可能エネルギー採用 - Green Base Stations: Renewable Energy Becomes a Reality in Cellular Infrastructure 」を出版

ここ数年間で、世界のセルラー基地局の数は、数十万レベルから数百万レベルへと爆発的に増加したが、それらに必要となる電力は多くの地球温暖化ガスと環境汚染を生み出していると、米国調査会社インスタット社は報告する。実際、オングリッドの基地局は大して問題ではないが、携帯電話が新興国の何十億の人々に普及するようになると、オフグリッドの基地局(通常、年中無休24時間のディーゼル発電)が増加することになる。

「ディーゼル汚染は環境問題であるが、オペレータを最も苦しめるのは、発電機を動かし続ける費用である。トラックで遠隔地までディーゼル燃料を運ばなければならず、また、オペレータはディーゼル燃料と設備の窃盗に何百万ドルをも費やすことになる。解決策は、オペレータが風力タービンかソーラーパネル、またはその両方で遠隔地の基地局を少なくとも部分的に動かすことである。まさに、グリーンであり、得にもなる」とインスタット社のアナリストAllen Nogee氏は語る。

インスタット社は、下記についても調査した。

●2014年までには、発展途上国のセルラー基地局の23万以上が、風力か太陽光発電の動力を備えているだろう
●オフグリッドの基地局は、年間30%増加するだろう
●オフグリッドの基地局は、アフリカやインドなどの南アジア、南米、ラテンアメリカ、カリブ海諸国に主に普及するだろう

インスタット社の調査レポート「グリーン基地局:現実化する携帯電話インフラの再生可能エネルギー採用 - Green Base Stations: Renewable Energy Becomes a Reality in Cellular」は、世界の発展市場のセルラー基地局市場の技術を調査している。太陽光と風力による基地局の2014年までの市場予測、グリーン基地局技術のコストや利点などの分析、Huawei、日本電気、Nokia Siemens、Ericsson、Alcatel-Lucentの最新のグリーン基地局向けの技術開発について記載している。


【調査レポート】

グリーン基地局:現実化する携帯電話インフラの再生可能エネルギー採用
Green Base Stations: Renewable Energy Becomes a Reality in Cellular Infrastructure
リンク

◆米国市場調査会社 インスタット社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]