logo

「Winny」など業務に必要のないアプリケーションをユーザ単位で利用を制御 Palo Alto Networks社「PA-500」の販売でSMB市場のネットワークセキュリティを強化

株式会社日立システムアンドサービス(本社:東京都港区、執行役社長:林 雅博/以下、日立システム)は、米国Palo Alto Networks, Inc.(本社:米国 カリフォルニア州、CEO:Lane Bess/以下、Palo Alto Networks社)が開発した、ネットワーク上で利用するアプリケーションを識別し、ユーザ単位で利用を制御する次世代型ファイアウォール製品「Palo Alto Networks PAシリーズ」(以下、PAシリーズ)の中堅・中小企業(以下、SMB)やブランチオフィス向けの「PA-500」を、9月1日から販売を開始します。
 日立システムは、「PA-500」をネットワークセキュリティソリューション「Prowise.Security」のラインアップに追加することで、SMB市場におけるネットワークセキュリティの更なる強化を図ります。

 日立システムは、2008年9月からPalo Alto Networks社が開発した「PAシリーズ」を販売してきました。「PAシリーズ」は、従来のファイアウォール製品では、ポート番号で制御していたものを、ネットワーク上で利用されている約870種類のアプリケーションを識別し、ユーザや部門単位で利用を制御できるハードウェアタイプの次世代型ファイアウォール製品です。

 今回販売を開始する「PA-500」は、これまでの「PAシリーズ」と同様のOS、ハードウェア、ID構成を踏襲しながら、SMB市場向けに価格を抑えた製品です。例えば、多くの企業や自治体などで利用が禁止されている「Winny」や「Skype」、「YouTube」といった個別のアプリケーションの利用状況をユーザ単位で確認し、利用を抑制することが可能となります。

 日立システムは、「PA-500」を高度なセキュリティが求められる、製造業、官公庁、金融業などを中心とした幅広い業種における支店などの拠点やSMB市場に向けて、これまでのPAシリーズとあわせて、システム開発や保守費を含め、今後3年間で20億円の販売を目標としています。

 日立システムは、「PAシリーズ」を9月2日から東京ビックサイトで開催される 「Security Solution 2009」(リンク)に出展します。

●製品・サービスの価格および提供時期
PAシリーズ本体(*1)       標準価格(税込)    提供開始日
PAN-PA-500(SMB市場向け)982,800円     9月1日

オプション製品(*1)(*2)    標準価格(税込)    提供開始日
Threat Prevention ライセンス195,615円~     提供中

URL Filteringライセンス    195,615円~
Panorama ライセンス    2,173,500円~
*1 各製品には、別途有償の保守サポートサービスが必要となります。
*2 ライセンスは、使用するPAシリーズ本体により価格が異なります。


サービス名称        サービス概要        価格           提供開始日
設定出荷サービス      顧客が記入したパラメータシートを元に設定及び、製品出荷を実施 
                                               個別見積提供中 
現地設営サービス      顧客が記入したパラメータシートを元に設定及び、現地設営を実施

●「Palo Alto Networks PAシリーズ」のご紹介
 URL: リンク

●商標名称等に関する表示
 ・Palo Alto Networks, Panoramaは、米国Palo Alto Networks, Inc.の商標及び、登録商標です。
 ・その他、記載している会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。

●製品、ソリューションに関するお問い合わせ先
株式会社日立システムアンドサービス
パートナー営業本部 ネットワークセキュリティ営業部
TEL : 03-6718-5771
E-mail : paloalto@hitachi-system.co.jp

●報道機関のお問い合わせ先
株式会社日立システムアンドサービス
法務・広報部 広報グループ 廣納(ひろのう)
TEL : 03-6718-5750
E-mail : press@hitachi-system.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。