logo

シーイーシーと古河産業、位置情報管理システム事業で協業

効率的に現場改善の効果を見える化する 製造・物流業向け3D表示・動線分析ソフトRaFLOWを提供開始

株式会社シーイーシー(本社:東京都渋 谷区、代表取締役社長:新野 和幸、以下シーイーシー)と古河産業株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:花谷 武和、以下古河産業)は8日、超音波を使った位置情報管理システム事業で協業することを発表いたします。両社は本日より、工場や倉庫などの人・モノ・機械の動きや所在を“見える化”する 3D表示・動線分析ソフト「RaFLOW(ラフロー)」を提供開始し、国内の製造・物流各社でニーズが高まる効率的な現場改善や業務効率化を支援します。

昨今の景況悪化に伴い、製造・物流各社ではコスト削減への取り組みを加速させています。生産拠点や物流拠点の統廃合や移転を計画する企業が増えています。このような企業においては、市場の需要変動に迅速かつ的確に対応するため、業務効率の向上、物流の最適化といった生産革新によるムダ取りが欠かせず、とりわけ、生産・物流出荷管理に関わるあらゆる情報をリアルタイムで「見える化」することが欠かせなくなっています。

シーイーシーでは、従来からこのようなお客様ニーズに応えるべく、製造・物流現場の人・モノ・機械の動きを再現する3DシミュレーションソフトRaLC(リンク)を提供してきました。今回、RaLCのさらなる「見える化」を進め、より精度が高く、リアルタイムな動線情報を提供するRaFLOWを開発し、作業現場の人や機械、個体をトレースする位置情報システムの検討を重ねてまいりました。そこで、位置情報分野での豊富な実績を持つ古河産業と協業し、古河グループの古河機械金属株式会社が提供する超音波位置測位システム「ZPS」を組み合わせた3D表示・動線分析サービスを本格的に提供することとなりました。

今回提供するサービスは、GPSが苦手とする屋内や密閉空間で、超音波を活用して最高2、3cm以内の高精度な位置検知を行うことができるZPSの位置測位システムとRaFLOWを連携することで、取得した位置情報データを活用した3D表示や動線分析など高度なシミュレーションが可能となります。従来の位置情報システムでは難しい、①高精度な3Dビジュアルでの表現、②位置データのズレを自動的に修正する「補間機能」、③動線・位置情報を使った分析機能などの特長があります。RaFLOWの3D描写とシミュレーション機能によって、製造・物流現場で作業する人やフォークリフト、マテハン機器などのリアルタイムな位置情報データや動線・作業ログを使い、実際の動きをPC上で再現しながら生産・物流現場の課題解決につなげることができます。

今後両社は、作業員やフォークリフトなどマテハン機器の管理が複雑な工場や物流センターのほか、データセンターや病院などの機密性・公共性の高い施設などでの需要を狙い、共同で販売活動を推進していきます。

なお、本サービスは2009年9月16日(水)~18日(金)に東京ビッグサイトで開催される「自動認識総合展」のシーイーシーブースにて展示紹介します。


【問い合わせ先】
株式会社シーイーシー 【担当:コーポレートサービス本部 広報室 根本 誠一】
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル
TEL(03)5789-2442 URL:リンク

古河産業株式会社 【担当:事業推進部 部長補佐 藤原(フジワラ)】
〒105-8630 東京都港区新橋4-21-3
TEL(03)5405-6355 URL:リンク

このプレスリリースの付帯情報

RaFLOWのサービスイメージ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

◆3D表示・動線分析ソフトRaFLOW
取得した位置データをRaFLOWが3D化して物流現場を再現し、効果的な物流現場の問題把握・改善点の抽出に活用することができます。

1)位置情報を使った3Dアニメーションの表現力
3D表示・表現力における質感とリアリティーを追求。従来の2D/3D表現では難しい製造・物流現場の複雑な作業をかんたんに再現でき、問題点や改善点の早期発見につながります。

2)高精度の動線表示
3Dアニメーションの結果から作業員別・時間帯別など様々な角度から動線表示が可能です。GPSなどで見られる、障害物など壁を通り抜けてしまうなど、実際の位置と画面上の位置 がズレて表現される現象がなく、自動的に位置を修正する「補間機能」により正確な移動距離、動線、移動時間が計測できます。

3)分析機能
「時間帯別滞在グラフ」「移動距離」などのログを活用した帳票出力機能により、現状の問題点や課題点分析、計画と実績の対比分析により継続的な改善につなげることができます。


◆超音波位置測位システム「ZPS」
超音波を用いた三次元位置測位システム。施設内に受信機を設置し、人・運搬車両・モノなどに付けられたタグからの超音波信号を受信することで、建物や部屋の中で、「人やモノがいまどこにあるのか」、あるいは「人であれば部屋の中で立っているのか座っているのか」といった位置情報が誤差値20~30ミリで検出可能です。正確な位置をリアルタイムに把握でき、「動線管理」「入退出管理」などを1つのサーバで管理できます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]