logo

インドの通信市場の成長を促進するモバイルVAS

インドの調査会社RNCOS 社が、インドの通信市場は2010年にはRs16500Crore(16500カロール/千万ルピー)を上回るだろうとの予測を掲載した「インド通信市場分析 2009年:市場概況、動向、2012年までの将来予測 -Indian Telecom Analysis (2008-2012)」を出版

音楽やゲームなどが若者たちに魅力的な付加価値サービスを提供し、インドの通信市場は2010年にはRs16500Crore(16500カロール/千万ルピー)を上回るだろうと、インドの調査会社RNCOS社の調査レポート「インド通信市場分析 2009年:市場概況、動向、2012年までの将来予測 - Indian Telecom Analysis (2008-2012)」は報告している。付加価値サービスでは、音楽とゲームが主要な市場牽引要因となり、インドの通信セクターの収益と成長を促進している。

この調査レポートは、高い成長が見込まれる通信市場の様々なセグメントの調査を行った。オペレータは、同じプラットフォームを使って、新たな収益をあげざるを得なくなっている。その意味で、モバイルバンキング、モバイルコマース、モバイル位置情報サービスなどのモバイルの付加価値サービスは、大きな成長の可能性があるだろう。そのため、各企業は顧客を魅了する様々なスキームを提供する戦略を採用している。

RNCOS社は、特にモバイルバンキング、モバイルゲームデータ、TVセグメントなどの付加価値サービスが、農村地帯にも拡大する可能性を確認している。そのため、サービスプロバイダの利幅は、現在のSMSの付加価値サービスに比べて、今後改善するだろう。さらに、インドで開始するモバイル3Gサービスによって、サービスプロバイダは更に収益を拡大することができるだろう。また、無線の電子会議、マルチプレーヤーのオンラインゲーム、モバイルコマース、より大画面のビデオなどもはずみがつくだろう。

その上、モバイルによる付加価値サービスは、SMS、音声、WAP(Wireless Application Protocol)などの様々なプラットフォームによって提供されている。通信改革によって、これらのサービスはインド国内の津々浦々に拡大するだろう。テレコムセクターの加入者数は大きく増加し、モバイル付加価値サービスはインドの重要なビジネスとなるだろう。

この調査レポートは、インドの通信市場の主要なセグメントを調査し、この産業の現状と今後のシナリオを提供している。市場の成長要因と、様々な分野の理論的な分析と予測を提供している。


【調査レポート】
インド通信市場分析 2009年:市場概況、動向、2012年までの将来予測
Indian Telecom Analysis (2008-2012)
リンク

◆インド市場調査会社RNCOS社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]