logo

ビデオオンデマンド、ビデオサーバ、広告サーバ、広告挿入の市場分析

ケーブル会社、電話会社、放送局のビジネスチャンス

テレビ視聴は、すでに放送局から放送されたコンテンツに限らなくなっており、ケーブルや通信会社のテレビサービスや、いまやインターネット等の新しいメカニズムが普及している。ビデオサービスの「キラーアプリケーション」は、ビデオ・オン・デマンド(VOD)であるが、それも変化の時を迎えている。有料テレビオペレータは、ブロードバンドビデオ視聴の激しい競争に直面しているだけでなく、視聴者もまた、「スタートオーバー」や「キャッチアップ」などのより高度なVODであるリアルタイムサービスを求めている。さらに、広告主も、視聴者に到達する新しい手段を模索している。現在の広告配信メカニズムは一方的であるが、オペレータと広告主は関連する視聴者に対話型の広告を配信するような新しい広告を始めるだろう。このような対象を明確にした広告は、VODでこそ可能である。VODの需要と高度なテレビサービスの成長に伴って、ビデオサーバや、サーバや広告挿入の機器の需要が促進するだろう。
この調査レポートは、ビデオサーバと広告挿入市場の現状を調査している。市場の成長促進要因と阻害要因を記載し、ケーブルテレビ、通信会社のテレビサービス、放送局などの主要企業とその製品の情報、企業情報、市場シェア、価格の傾向を記載している。


◆調査レポート
ビデオオンデマンド、ビデオサーバ、広告サーバ、広告挿入の市場分析:ケーブル会社、電話会社、放送局のビジネスチャンス
Video-on-Demand, Video Server, Ad Server, Ad Splicer Market Analysis
Opportunities in Cable, Telco, Broadcast
リンク


◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク


◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]