logo

シーメンスPLMソフトウェア、NX PCB Exchange for Zukenを発表

~図研との協業により、機械設計チームと電気設計チームとの コラボレーションを可能にする新しいNXアプリケーションを開発~

シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットであり、
製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて
世界をリードするPLMプロバイダである、シーメンスPLMソフトウェアは
本日、同社の包括的なデジタル製品開発ソリューションであるNX(TM)の
新しいアプリケーションとしてNX PCB Exchange for Zukenを発表しました。
この新しいアプリケーションは、図研のプリント基板設計システムである
CR-5000 Board DesignerとシーメンスPLMソフトウェアのNXとの
ダイレクトなデータ交換を可能にして、機械設計チームと
電気設計チームとのコラボレーションを促進し、製品開発を通して
効率性と最適化を大幅に向上させます。

「NX PCB Exchange for Zukenは、NXの現行のプリント基板の
モデリング機能をさらに拡張するために、図研との密接な協力の
下に開発されました。このアプリケーションでは、配線パターンや
各種の層データだけでなく、他に類を見ないフレキシブル基板の
曲げ伸ばし情報を含む、豊富なデータ・セットに対応します。これらの
豊富なデータ・セットをNXとCR-5000のネィティブデータの間で交換する
ことにより、双方のユーザは機械系CADと電気系CADのワークフローの
効率化を図ることができます。このアプリケーションは、スペースと
重量の制約が厳しい製品の設計に特に有益となるでしょう」と、
シーメンスPLMソフトウェアの製品設計ソリューション担当
バイスプレジデントであるJoan Hirschは述べています。

NX PCB Exchange for Zukenは、機械設計チームと
電気設計チームとのコラボレーションを促進する数々の
機能を提供します。

・ プリント基板とそれに搭載されている電子部品からなる
3Dアセンブリ・モデルをBoard Designerからダイレクトに作成した後、
他の全てのNXアプリケーションを使用し、設計レビューや
シミュレーションを実行することができます。

・ プリント基板を構成するすべてのパーツが追従する曲げ情報と
展開情報を基板に追加することができます。

・ 基板のアウトライン、コンポーネントや穴の配置情報、導体や
マスクパターン、レジスト、端子やビアのパッドなどのデータを、
NXとBoard Designerとの間で双方向に交換することができます。
「電子機器メーカはデザインや性能を追及するだけでなく、史上類を
見ない程短縮された製品ライフサイクルにおける開発競争に勝ち
残るため、3次元情報を有効に活用して、設計から試作までの工程を
大幅に削減する必要に迫られています。NXとCR-5000を使用する
ユーザにとっては、最小限の追加コストで大きな成果が期待できる
という意味でも、この協業は大変意義のあるものと確信しています」と、
図研の取締役技術本部長である仮屋和浩氏は述べています。

富士キメラ総研の『2009年パッケージ・ソリューション・マーケティング便覧』
によると、近年では、様々な工業製品に電子回路が組み込まれるように
なっており、機械系/電気系CADの連携がより重要となってきています。
従来は、機械系設計者と電気系設計者のコミュニケーションを
密にするなど、設計者側で対応するケースが一般的でしたが、
機械系/電気系CADの連携により複数の設計者が情報を共有し、
尚且つCADデータに反映させることが可能になっています。

NX PCB Exchange for Zukenは、今月末の出荷を予定しています。

シーメンスPLMソフトウェアについて
シーメンスPLMソフトウェアは、シーメンス産業オートメーション事業部の
ビジネスユニットで、PLM(製品ライフサイクル管理)ソフトウェアおよび
関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。これまで
世界5万6,000社のお客さまにサービスを提供し、約600万ライセンスに
およぶソフトウェア販売実績を上げています。米国テキサス州プラノを
本拠地として、数多くの企業と協働して、豊富なアイデアを価値ある
製品に変えるオープンなソリューションを提供しています。
シーメンスPLMソフトウェアの製品やサービスに関する詳細は
www.siemens.com/plmにてご覧いただけます。

シーメンス産業オートメーション事業部について
シーメンスインダストリーセクターに属する
シーメンス産業オートメーション事業部(ドイツ・ニュルンベルク)は、
オートメーション・システム、低圧制御機器、産業用ソフトウェアの
分野で世界をリードしています。製造・加工業界向けの標準製品から、
自動車生産設備や化学工場全体の自動化を含む全産業、
全システムに向けたソリューションまで、その取り扱い品目は多岐に
わたっています。産業オートメーション事業部は業界屈指の
ソフトウェア・サプライヤとして、製品の設計、開発、製造、販売、
各種保守サービスに至るまで、製造企業のバリューチェーン全体を
最適化します。シーメンス産業オートメーション事業部は全世界で
約42,900人の従業員を擁し、2008年度の総売上高は87億ユーロ
(予備的数値で未監査)を達成しています。

注意:SiemensおよびSiemensのロゴは、Siemens AGの登録商標です。
NXは、米国およびその他の国におけるSiemens Product Lifecycle
Management Software Inc.またはその子会社の商標または登録商標です。
その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ
各所有者に帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]