logo

低遅延型高性能10ギガビットイーサネットスイッチを出荷開始

~低価格で実用化に拍車~

TCBテクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 山本宰司、マザーズ:2356、以下 TCB)は、ブレード・ネットワーク・テクノロジーズ社(本社 米国カリフォルニア州、CEOピクラム・メータ、以下BLADE社)が開発した低遅延型10ギガビットイーサネットスイッチ 3機種の販売を開始したことを発表致します。

今回販売を開始しましたBLADE社の3種類のスイッチ(G8000、G8100、G8124)は、全ポート100%ラインレートで動作し、業界最高水準の遅延時間を実現し、標準構成で冗長化電源、冗長化ファンを搭載、エアフローのカスタマイズ(前面吸気背面排気/背面吸気前面排気の選択)が可能です。さらに近年ネットワークインターフェースの統合化を進める上で有効な技術となるファイバーチャネル・オーバー・イーサ(FCoE)のサポートに必要な次世代イーサネット規格CEE(Converged Enhanced Ethernet)にも対応します。

・G8000は48ポートのギガビットイーサネットを1台に集約し、最大4ポートの10ギガビットでアップリンク(SFP+、CX-4)が可能。全ポートでフル・ライン・レート伝送(176ギガビット/秒)が可能です。
・G8100は10ギガビットイーサネットを20ポート(CX-4)搭載しており、10ギガビットイーサネットワークのコアとなるスイッチです。ポート間通信の遅延時間が360ナノ秒とG8000シリーズ最高の低遅延で、ノン・ブロッキング・スイッチ(480ギガビット/秒)が可能です。また、4つのSFP+ポートが増設可能で、SFP+の環境と、CX-4の環境を共存させることも可能。
・G8124 は10ギガビットイーサネットを24ポート(SFP+)搭載しており、G8100 と同様10ギガビットイーサネットワークのコアとなるスイッチです。ポート間通信の遅延時間が700ナノ秒と業界最高水準の低遅延で、ノン・ブロッキング・スイッチ(480ギガビット/秒)が可能です。

大量のリクエストを高速に処理を求められるクラウドサービスのバックボーンや、データセンター、仮想化、金融アプリケーション、高速データ転送等に、低価格で高性能なネットワーク環境を提供し、10ギガビットイーサネットの実用化を推進します。

価格はG8000 126.4万円~、 G8100 274.9万円~、 G8124 274.9万円~ 、今後3年間においては約6億の売り上げを見込んでおります。

TCBテクノロジーズでは、すでに超高速ネットワークInfiniBand製品の販売に多くの実績をあげており、今後BLADE社10ギガビットイーサネット商品を新たに加え、『ハイパフォーマンス・ネットワーク・ソリューション』をさらに加速してまいります。



□ Balade社製各スイッチの特徴 □

■RackSwitch G8000 (ギガビット高集積タイプ10ギガビットアップリンク対応スイッチ)
・全ポートフルラインレート
・10ギガビットのアップリンクポートを最大4ポート(オプション) 
・44個の1ギガビットRJ45ポートと4個の1ギガビットSFPポートを登載
・2タイプのエアフロー(前面吸気背面排気型と背面吸気前面排気型)により、ラック内でのスイッチのマウントの柔軟性を実現
・回転速度可変ファンを採用、消費電力を低減
・水平マウントと共に垂直マウントをサポート
・ISCLI(CiscoライクなCLI)によるシンプルな構成管理
・電源冗長化構成(標準)

■RackSwitch G8100 (低遅延タイプ10ギガビットスイッチ)
・CX-4、SFP+を合わせ合計24個の10ギガビット ポートを搭載
・最大の帯域幅と最小の遅延を要求するアプリケーションに最適
・ポート間の遅延時間は平均約360ナノ秒、ノン・ブロッキング・モードで稼働
・2タイプのエアフロー(前面吸気背面排気型と背面吸気前面排気型)により、ラック内でのスイッチのマウントの柔軟性を実現
・回転速度可変ファンを採用、消費電力を低減
・水平マウントと共に垂直マウントをサポート
・ISCLI(CiscoライクなCLI)によるシンプルな構成管理
・電源冗長化構成(標準)

■RackSwitch G8124 (低遅延タイプ10ギガビットスイッチ)
・24個のSFP+ポート(10ギガビットもしくは1ギガビット)
・SFP+ダイレクト・アタッチ・ケーブルによる安価で柔軟な10Gビット接続をサポート
・最大の帯域幅と最小の遅延を要求するアプリケーションに最適
・ポート間の遅延時間は約700ナノ秒、ノン・ブロッキング・モードで稼働
・2タイプのエアフロー(前面吸気背面排気型と背面吸気前面排気型)により、ラック内でのスイッチのマウントの柔軟性を実現
・回転速度可変ファンを採用、消費電力を低減
・水平マウントと共に垂直マウントをサポート
・ISCLI(CiscoライクなCLI)によるシンプルな構成管理
・電源冗長化構成(標準)

◆「G8000」、「G8100」、「G8124」の価格と出荷時期など
G8000
出荷開始:2009年 8月 3日
販売価格:126.4万円(48ポートGbEモデル) ~ 
販売経路:直販及びTCB代理店経由

G8100
出荷開始:2009年 8月 3日
販売価格: 274.9万円(24ポート10ギガビット CX-4モデル) 
販売経路:直販及びTCB代理店経由

G8124
出荷開始:2009年 8月 3日
販売価格: 274.9万円(24ポート10ギガビット SFP+モデル) 
販売経路:直販及びTCB代理店経由

■ ブレード・ネットワーク・テクノロジーズ社について
リンク
ブレード・ネットワーク・テクノロジーズ社は米国カルフォルニア州サンタクララに本社を持ち、カナダ、ヨーロッパ、中東、アジア各国にもオフィスを持つWorld Wideな企業であり、ラックスイッチのトップメーカーとして、これまでフォーチュン500の中の300以上の企業を顧客とし、26の業界にOEM供給をしています。またこれまでデータセンター向けに600万ポート以上の出荷実績をもちブレードサーバ用スイッチとして全世界で約40%のシェアを獲得しています。2009年7月に日本法人ブレード・ネットワーク株式会社(代表取締役 太田安信)を設立し、日本市場の開拓に注力しています。

■ TCBテクノロジーズ株式会社について
リンク
TCB テクノロジーズ株式会社は、ICT(情報コミュニケーション)分野を主な事業領域として、サーバー・ベース・コンピューティング構築のためのミドルウェア、オフィスコンピューティングに省資源化を実現するIT-Eco関連製品をはじめとするソフトウェア事業、ならびに、企業、研究機関向けの高速InfiniBand関連製品、ホテル・集合住宅向けの光ネットワークインフラ構築をはじめとするインフラ事業を展開しています。1996年7月設立、2003 年3月東証マザーズ上場。 主な株主は、ダイワボウ情報システム(株)、豊田通商(株)、(株)トーメンエレクトロニクスなどです。


※記載されております製品名および会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

このプレスリリースの付帯情報

BladeG8000

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]