logo

マジックソフトウェア・ジャパン、IBM iに対応したアプリケーション開発フレームワーク「Magic uniPaaSfor IBM i」を出荷開始

~IBM i資産のRIAへの移行を支援~

 マジックソフトウェア・ジャパン株式会社(代表取締役社長:石垣清親 
本社:東京都渋谷区代々木、以下 マジックソフトウェア・ジャパン)は、
ビジネスアプリケーション開発フレームワーク、Magic uniPaaS(マジック 
ユニパース)の高生産性とメンテナンス性をIBM i (System i 、iSeries、
AS/400)環境に提供する製品、『Magic uniPaaS for IBM i 』を発表すると
共に、本日より発売を開始いたします。

 Magic uniPaaS for IBM i は、IBM i にMagic uniPaaSの優れた開発生産性/メンテナンス性 を実現するための機能を提供します。これにより、Magic uniPaaSで開発したアプリケーションと、既存のIBM i資産との共存はもとより、IBM iのプログラムやデータを有効に利用して、従来のキャラクタ端末画面をリッチクライアント(RIA)やWebシステムに移行させることが可能です。


 また、Magic uniPaaSで開発されたWindowsベースの業務アプリケーションパッケージが多数流通しており、これらのIBM i環境への移植、連携が容易に実現できます。


『Magic uniPaaS for IBM i 』の詳しい情報は、以下のURLからご覧いただけます。
リンク


Magic uniPaaSで開発されたアプリケーションパッケージは、“パッケージソフト.com”で紹介しております。
【パッケージソフト.com】 リンク


■特長
・GUIによるビジュアルな開発環境で迅速にC/S、RIA、Webアプリケーションを構築
・既存IBM i資産との共存
・IBM i (OS400)の各種コマンドの提供
・ミドルウェアによるDB2 for IBM i(DB2/400)への高速アクセスを実現


■製品構成および価格
・開発ライセンス:
Magic uniPaaSの開発プラットフォーム”uniPaaS Studio”のユーザは、無償でuniPaaS IBM i Gateway開発ライセンスを取得することができます。  (Webからのユーザ登録が必要)


・実行ライセンス:
Magic uniPaaSアプリケーションの実行ライセンス(クライアント実行、サーバ実行、リッチクライアントサーバ実行)の他に、uniPaaS IBM i Gatewayライセンスが別途必要です。
5ユーザライセンス(税込 \199,500)より、10,15,20,25,30,35,40,45,50,75,100,150ユーザまで
150ユーザ以上の場合は複数の製品(ユーザ数)を組み合わせて構成します。


■前バージョンからのバージョンアップ
前バージョン、Magic eDeveloper V10 for System iのユーザは、無償でバージョンアップすることができます。


【マジックソフトウェア・ジャパンについて】
イスラエル最大のソフトウェアグループ、Emblaze/Formula Groupに属する
マジックソフトウェア・エンタープライゼス(NASDAQ:MGIC)の100%出資による
日本法人です。ビジネスアプリケーション開発フレームワークである
「Magic uniPaaS」と、サービス指向のシステム連携ツール「Magic jBOLT」の
開発・販売を核に、さまざまなソリューションとサービスの提供を行っています。

現在、東京(本社)、札幌、仙台、信越、名古屋、大阪、岡山、 広島、福岡の
全国主要9都市に拠点を構え、全国800社以上のパートナーを通じて製品を
販売し、サポートおよびコンサルティング・サービスの提供を行っています。

このプレスリリースの付帯情報

アーキテクチャ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。