logo

2009年は下降したが、2010年は成長する組込みリアルタイムOS市場

米国の調査会社VDCリサーチグループ社は出版レポート「組込みソフトウェア市場の情報サービス(2009年版) - トラック1:組込みソフトウェア技術:第1巻 リアルタイムOSとモバイルOS」のプレスリリースにおいて、不況の影響は現在も今後も残るものの、組込みOSとリアルタイムOS市場は2010年には大きな成長を取り戻すという見通しを発表しました。

【プレスリリース抄訳】
米国調査会社VDCリサーチグループ社の調査レポート「組込みソフトウェア市場の情報サービス(2009年版) - トラック1:組込みソフトウェア技術:第1巻 リアルタイムOSとモバイルOS - THE EMBEDDED SOFTWARE MARKET INTELLIGENCE PROGRAM 2009 SERVICE YEARーTRACK 1: EMBEDDED SOFTWARE ENGINEERING MARKET TECHNOLOGIES; VOLUME 1: EMBEDDED/REAL-TIME & MOBILE APPLICATION OSS」は、組込みシステムメーカーの需要とエンドユーザの期待によって、組込みソフトウェアと開発ツールへの投資は継続するだろうと報告している。

組込みOSとリアルタイムOS市場は特に、その他の組込み市場の多くのセクターに比べて、2008年の収益が前年比9%の成長と好調だった。

「全体としては、組込みOS市場は過去9ヶ月に、市場収益の大きな部分を占める生産ライセンスによる出荷数の減少に見舞われた。しかし、デバイスの安全性やセキュリティ問題などのソフトウェアによる機能性への需要の増加や、新しいデバイスの需要などによって、組込みOSやリアルタイムOSなどへの不況の影響は緩和された」とVDCリサーチグループ社の組込みソフトウェア・ツール部門のアナリストChris Rommel氏は語る。

不況の影響は現在も今後も残り、2009年の組込みOSとリアルタイムOS市場に影を落とすだろうが、短期的には垂直市場はそれほど影響を受けず、2010年には大きな成長を取り戻すだろう。

【調査レポート】
組込みソフトウェア市場の情報サービス(2009年版) - トラック1:組込みソフトウェア技術:第1巻 リアルタイムOSとモバイルOS
THE EMBEDDED SOFTWARE MARKET INTELLIGENCE PROGRAM 2009 SERVICE YEAR
TRACK 1: EMBEDDED SOFTWARE ENGINEERING MARKET TECHNOLOGIES; VOLUME 1: EMBEDDED/REAL-TIME & MOBILE APPLICATION OSS
リンク

VDCリサーチグループ社 (VDC Research Group)について
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

Annual Growth Rates of Worldwide Shipments of Embedded/Real-time Operating Systems

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]