logo

消費者の需要と技術革新が米国デジタルホームの技術サポートサービスの収益を促進し、2013年には26億ドル

小売とブロードバンドサービスプロバイダが、遠隔技術サポート市場を促進し、1000万以上の米国家庭に拡大

米国の調査会社パークスアソシエイツ社は出版レポート「北米の家庭向けデジタル機器の技術サポート市場:分析と予測 - Digital Home Tech Support: Analysis and Forecasts」のプレスリリースにおいて、米国のリモート技術サポートサービスの収益は、2013年に26億ドルとなるという予測結果を発表しました。

【プレスリリース抄訳】
米国のリモート技術サポートサービスの収益は、2013年に26億ドルとなるだろうと、米国調査会社パークスアソシエイツ社の調査レポート「北米の家庭向けデジタル機器の技術サポート市場:分析と予測 - Digital Home Tech Support: Analysis and Forecasts」は報告している。この調査レポートは、需要の拡大と技術革新によって、小売とブロードバンドプロバイダ、サードパーティのプロバイダは、加入者数を増大し、PCのセットアップ、トラブル解消、ホームネットワーキングのセットアップとサポート、PCチューンアップサービスなどのサポート分野からあげる収益を伸ばすだろうと報告している。

「かつての消費者技術サポートは、現場や施設での修理サービスが支配的であった。今日では、リモートサポートサービスによって、消費者は自宅に機器をおいたまま、専門家のサポートを受けることができる。ユーザは、既にデジタル上で課題を解決することを期待しており、関心は非常に高い」と、パークスアソシエイツ社の副社長で主席アナリストのKurt Scherf氏は語る。

【調査レポート】
北米の家庭向けデジタル機器の技術サポート市場:分析と予測
Digital Home Tech Support: Analysis and Forecasts
リンク

【パークスアソシエイツ (Parks Associates)社について】
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

Remote vs. On-site/In-stor Tech Support Revenues

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]