logo

株式会社日本育児と箕面市は新製品開発のモニターなどの連携を進めます

 株式会社日本育児が7月2日(木)に箕面市立なか幼稚園を訪問し、箕面市の子どもたちのために役立ててほしいと、育児用品や玩具の寄附をいただきました。寄附いただいた品々は、全公立幼稚園・市内の全公立・民間保育所などに配布し、それぞれ活用します。
 株式会社日本育児と箕面市とは、これを機に、新製品開発のモニターなどの連携を進めます。

 株式会社日本育児(石迫立壮代表取締役)が7月2日(木)に箕面市立なか幼稚園を訪問し、「子育てしやすさ日本一」を目指す箕面市を応援するため、育児用品や玩具の寄附をいただきました。
 株式会社日本育児と箕面市とは、これを機に、子どもたちの健やかな成長を目指して、モニターとして新製品開発や改良に意見を述べるなどの連携を進めていきます。

■ 寄附内容
・木製保育イス 120脚
・フラワースツール 57脚
・掃除機、冷蔵庫など(玩具) 30個
・メッシュトンネル 6個 など

■ 配布先(予定)
・市立幼稚園 6園
・市立保育所 5所
・民間保育所 8園
・簡易保育施設 5園
・あいあい園(障害児通園事業所)


問い合わせ先
教育委員会事務局子ども部子ども政策課
電話:072-724-6931(直通)
ファクス:072-721-9907
メール:childpolicy@maple.city.minoh.lg.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]