logo

滝道~箕面駅周辺地区の再整備について

~大阪府「石畳と淡い街灯まちづくり支援事業」のモデル地区に決定~

箕面市では、歴史・文化・観光資源の宝庫である滝道を活性化し、箕面駅周辺地区の統一感を持ったまちづくりを行うため「滝道~箕面駅周辺地区」の再整備に着手します。
 「明治の森へいざなう街・箕面」をコンセプトとして、ガス燈風街路灯によるライトアップやアーケード整備などを実施し、個性ある景観づくりや賑わいの創出をめざします。
 今般、本事業が大阪府の「石畳と淡い街灯まちづくり支援事業」のモデル地区に採択されましたので、お知らせいたします。

【事業の概要】
「箕面ロマンを体感できる交流空間の創出事業~明治の森へいざなう街・箕面~」をコンセプトに滝道から箕面駅周辺を、情緒ある明治風のまち並みに再整備します。
事業内容としては、観光資源を紹介するサインの設置、石畳舗装、ガス燈風街路灯によるライトアップ、アーケードの設置等を行い、駅前広場から滝道にかけて新たな地域ブランドの創造を行います。
これにより交流人口の拡大、駅周辺商店街への観光客の回遊性向上を図り、地域の活性化をめざします。

【事業スケジュール案】
平成21年度        ワークショップ 実施設計
平成22年度~23年度   観光資源を紹介するサインの設置、ライトアップ、ガス燈風
街路灯、アーケード、石畳舗装、駅前広場修景事業等

【総事業費】
約4億9,500万円  府負担    約2億
            国負担    約1億7,600万円
            市負担    約1億1,900万円

※各負担額については、確定額ではありません。箕面市の申請内容からの想定額となります。

【大阪府「石畳と淡い街灯まちづくり支援事業」の概要】
大阪府が進める「大阪ミュージアム構想」の一環として進められている本事業は「石畳と淡い街灯」をコンセプトとした歴史的・文化的資源を活かしたまちづくりに行政と住民が一体となって取り組み、地域の景観づくりや賑わいづくり等の地域活動を継続的なまちづくりへと発展させ、地域の魅力を全国に発信することにより、交流の促進を図ることを目的としています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]