logo

知的財産関連サービス登録会員数 1万人突破のお知らせ 

株式会社パテントビューロ 2009年06月30日 10時29分
From PR TIMES

===============================================================
         【株式会パテントビューロ】
  知的財産関連サービス登録会員数 1万人突破のお知らせ 
===============================================================


株式会社パテントビューロ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:永井歩)は、6月29日に、
パテントビューロが提供する知的財産関連サービスを受けるために必要な『PatentBureauID』
の登録者数が1万人を突破したことをお知らせいたします。

2009年6月に知財情報メディア『astamuse 公報データベース』(リンク
を公開したことにより、登録者数が大幅に増加し、この度1万人突破を迎えることとなりました。

当社サービスをご利用頂いている皆様、また当社設立以来ご指導・ご鞭撻頂いている各方面の
皆様方に深くお礼を申し上げます。

当社は、2005年に、日本での企業活動における知的創造に対する認識を高めつつ、各企業での
知的財産戦略を高度に成長させる支援をすることで、社会・経済に大きな貢献をすることを
目的に設立いたしました。
 この度登録者数1万人を越え、弊社の活動が日本の知的創造活動に更に貢献するものとなるよう、
初心を忘れず更なるサービス向上に努めて参ります。


【パテントビューロと『PatentBureauID』登録者増加の軌跡】
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■2005年 9月 会社設立
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 2002年に小泉内閣が知財立国を宣言してから約3年、職務発明における権利保護の必要性
 など、モノづくりに携われている方を中心に知的財産権に興味を持つ層が増えつつありま
 したが、まだ知的財産に関する情報やサービスが不足している時代に当社は設立されました。
 おりしも知的財産高等裁判所が設立された年でした。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■2005年 9月 「特許ナビ」・「商標ナビ」提供開始 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 知財実務者だけでなく、企業経営者、研究者・技術者も実務で知財情報を活用する事を促
 すべく、知財情報ポータルサイト「特許ナビ」・「商標ナビ」を開設いたしました。関連
 用語解説から出願方法まで掲載し、ビジネス面で知財を活用出来る情報の提供を今日まで
 続けております。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■2006年 4月 知的財産業界 転職・採用支援事業開始
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 政府の知的財産立国推進の影響や、弁理士試験の合格者が増えた影響から、自らの職業と
 して知財実務(出願、ライセンス、調査等)に関わることを希望する人が増加しました。
 ですが、当時は、知財業界においての求職情報や転職支援サービスも不十分な状況でした。
 こうした状況をうけ、知財実務人材の流動を目的に、知財実務初心者から経験者までを対
 象に知財人材転職支援事業、及び企業知財部・特許事務所向けの採用支援事業を開始致し
 ました。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■2007年 1月 『astamuse:審決データベース』事業開始
 ◆2007年 5月 PatentBureauID登録開始
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 「特許ナビ」「商標ナビ」を知財初心者から知財実務者向けに提供する中で、より知財実務、
経営戦略に利用出来るデータサービスを求める声が多く寄せられるようになりました。
 そのようなニーズに応え、当社では、インターネット上で無料で知的財産権に関する審決の
 検索、リストアップが出来るサービスを開始致しました。知財審決の新着速報のメール配信
 サービスなど、これまでに無いユニークかつ便利なサービスを提供したことから、知財戦略
 に力を入れる企業や知財セミナー等で相次いで教材として紹介されました。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■2007年 7月 『astamuse:判例データベース』事業開始
 ◆2007年 8月 PatentBureauID登録者数 1,000人突破
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 審決データベースの利用者増加に応え、更に漏れの無い知財情報を提供すべく判例データ
 の提供も開始することとなりました、
 重要キーワードをツリー構造化した検索や、原審(審決・事件)からの検索機能など業界初の
 検索機能を提供いたしました。
 審決データベースとリンクすることによって、審決取消訴訟等において、審決・判例間をス
 ムーズに行き来する事ができる為、日々の実務に活用したいという知財実務者の登録が増加
 いたしました。
 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ◆2008年 8月 PatentBureauID 登録者数 5,000人突破
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 2008年7月に知財検定が国家試験化された影響をうけ、PatentBureauID登録者数が5000人を
 突破、サイトユーザー数は月間10万人を超えるようになりました。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■2009年 6月 知財情報メディア『astamuse:公報データベース』試験版を正式公開
 ◆2009年 6月 PatentBureauID 登録者数 10,000人突破!
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 『astamuse:公報デーベース』(リンク)は、一般的に理解が難解と言われる
 特許公報を再構成・加工し、知財実務者以外の方も簡易に特許情報を閲覧・活用できるWEB
 メディアです。この『astamuse:公報データベース』は知財創造サイクルを活性化させる軸と
 なる事業として会社設立時から構想を開始し、研究開発を積み重ねた結果念願の公開を迎え
 ました。
 公開後、これまでにない知財情報のオープンメディアとして研究者・技術者、企業経営者、
 投資家、知財実務者に利用され、この度会員数1万を超える事となりました。
 
 
日本発の映画・アニメなどのコンテンツが海外で高い評価を受けるようになった現在、
「ものづくり」だけでなく、コンテンツビジネスも含めて知的創造サイクルを活性化させること
が求められる時代になりました。

このような時代の変化に対応し、創造者全体へ知的財産サービスを提供すべく、更に充実した
情報・機能を提供いたします。


現在及び今後提供予定のサービスは下記の通りです。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<パテントビューロ提供知財メディア・ポータルサイト】>
■ 知財情報メディアサービス「astamuse」
   『astamuse 公報データベース』 リンク
  『astamuse 審決データベース』 リンク
   『astamuse 判例データベース』 リンク

■ 知財求人情報サイト『知財お仕事ナビ』 リンク

■ 知財情報ポータルサイト
『特許ナビ』 リンク
『商標ナビ』 リンク 

<今後提供予定のサービス>
● 知財情報メディアサービス『astamuse』
  ・技術単語解説ページ(500万単語)※随時追加
  ・テーマ別技術把握ページ(50万テーマ)※随時追加
  ・全文検索
  ・技術者・研究者、企業経営者、知財実務者向けインターフェース実装
●「著作権ナビ」公開 ※2009年7月初旬公開予定
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
株式会社パテントビューロ概要
■会社名: 株式会社パテントビューロ         
■代表者: 永井 歩
■所在地: 東京都文京区本郷三丁目40-10三翔ビル本郷5階
■設立 : 2005年9月2日 
■資本金: 1,665万円 
■従業員数: 22人(2009年6月29日現在)
■URL  : リンク

株式会社パテントビューロは、全ての企業・特許事務所を対象に先進技術、知的財産権
(特許、実用新案、商標、意匠、著作権等)に特化した新しいサービスを行う会社です。
日本での企業活動における知的創造に対する認識を高めつつ、各企業での知的財産戦略を高度に
成長させる支援をすることで、社会・経済に大きな貢献をすることを目的として設立されました。
高度な情報処理技術力と独自の技術ノウハウを活かし、知的創造サイクルを加速するサービスを
実現致します。

関連情報
http://astamuse.com/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。