logo

究極の名刺管理サービス「アルテマブルー」R3.0をリリース

~営業マン支援機能を大幅に強化~

イーシステム株式会社(証券コード:4322、本社:東京都港区、代表取締役社長:大森 良哉、以下 イーシステム)は、イーシステムが開発・提供する名刺管理サービス「アルテマブルー」の新バージョンUltimaBlue R3.0を6月27日にリリースしました。

アルテマブルーは「名刺情報を経営に活用する」というコンセプトとシステムの利便性の高さが市場から高い評価を受け、昨年6月のサービスリリースから既に200社超の企業が導入しているSaaS型サービスです。
R3.0では主に、営業マンの日々の活動を支援する機能を強化し、営業部門への導入効果をより創出しやすくしました。

■顧客情報ポータル機能の強化
ログイン後に表示されるアルテマブルーのトップページに、顧客に関するニュース、営業活動、営業マン自身が所有する名刺に関する情報を表示し、顧客情報ポータルとして営業マンが活用できるようになりました。

【ポータルに表示される主な情報】
・顧客に関するWEB上のニュースやプレスリリース
・新しく名刺交換した顧客の名刺情報
・最近アクセスした顧客の名刺情報
・最近の活動履歴
・名刺交換した名刺数の集計グラフ
・所有している名刺の役職別分布グラフ
・顧客から他の社員がもらった新しい名刺の情報(新名刺通知機能)
・同一人物からもらった新しい名刺の情報(名寄せ機能)
・ToDoリスト

ニュース欄にはユーザーが持っている名刺の会社名や登録したキーワードをもとに、WEBサイトに公開された記事やプレスリリースを自動的に検索して表示します。営業マンは、過去に面識のある人物の会社に関わるニュースを労力をかけることなく日々チェックでき、営業活動や顧客開拓に活かすことができるようになります。現時点では、メジャーなニュースサイトの200以上のニュースカテゴリが登録されており、今後も対象となるサイトを順次追加する予定です。
また、トップページに最近表示した名刺やメールを送った人物の名刺などを一覧表示し、よく使う名刺データにワンクリックで即座にアクセスできるようになります。さらに、検索機能も大幅に強化し、顧客の氏名や会社名の一部分を入力して該当する名刺を探すクイック検索に加えて、最近会った人、最近名刺をもらった人、といったさまざまな切り口での名刺検索が可能となり、目的の名刺をより簡単にスピーディに見つけることができるようになります。
他にも、営業マン自身の最近の活動履歴やToDo、他の社員がもらった新しい名刺の情報など、営業マンの日々の活動に役立つさまざまな情報をトップページに表示できるようになります。

■社員がキャッチした人事異動情報を通知する「新名刺通知機能」
昇進昇格や組織の改変による人事異動の情報取得についても機能が強化されました。
アルテマブルーはすでに「日経人事ウォッチャー」とサービス連携しており、日経新聞各紙に掲載される人事異動記事をピックアップしてメールで通知する機能を提供していますが、今回は社員がキャッチした人事異動情報を関係者に通知する「新名刺通知機能」を新たに追加しました。
「新名刺通知機能」は、社内の別の社員が自分が持っている名刺の人物と名刺交換した場合に、所属や役職などに相違があるかを自動的に検知してメールでその内容を通知してくれます。この機能によって、過去に面識がある人物の昇進や昇格、部署の異動を知ることができ、常に取引先の人物の最新の所属部署や役職名を保持することができるようになります。また、新聞の人事異動記事に掲載されない企業や人物の人事異動の情報も分かるようになります。

■訪問先の人物・地図経路を一覧できる「訪問票」印刷機能
訪問先までの経路検索や地図の印刷が簡単にできるようになります。名刺を検索して「訪問票」の印刷ボタンをクリックするだけで、訪問先人物の名刺画像や名刺データ、訪問先住所と周辺地図、そして電車の乗り換え経路など、訪問時に必要となる情報がA4用紙1枚で印刷されます。
デジタル化された名刺データをもとに地図や経路検索結果を表示するため、訪問前にわざわざ地図サイトにアクセスしたり、住所を入力して検索する手間がなくなります。営業担当者だけでなく、役員秘書や営業アシスタントの方からも要望の高かった便利な機能です。


<究極の名刺管理サービス「アルテマブルー」について>
「アルテマブルー」は、日本のビジネスに欠かすことのできない名刺を、迅速かつ正確にデジタル化し、名刺データを経営に活用するための様々な機能を実装したSaaS型サービスです。
「アルテマブルー」を導入することにより、個人の管理に委ねられ企業内に分散している名刺情報がデジタル化・一元管理され、営業担当者をはじめとする社員間で共有できるようになり、今まで個人のノウハウと考えられていた社員個々の人脈を企業の資産として経営に活用することが可能になります。
また、PCや携帯からネットワーク経由でデータセンター上の名刺データにアクセスする方式であるため、情報漏えいリスク対策面からの安全性が高いとともに、利用する場所と時間の制約を受けにくい利便性の高い仕組みです。
「アルテマブルー」のその他詳細に関しましては、アルテマブルーサービスサイトをご参照下さい。
アルテマブルーサービスサイト : リンク

<イーシステムについて>
リンク
イーシステムは、企業のCRM実現のための戦略策定・プロセス改革・システム構築・運用を支援するソリューションベンダーです。
企業とその収益の源泉である顧客との関係をより深く、継続的なものにすることで収益の最大化をめざし、経営革新を続ける企業を総合的に支援します。シティバンクやGEキャピタル、バイエル薬品等、数多くの企業における豊富な経験と実績に基づき、多種多様な業種、事業形態に最適なシステムとアプリケーションを提案します。
イーシステムは、CRM分野におけるリーディングカンパニーとしての豊富な経験と最新のテクノロジーをベースに、激変する経営環境に対応したCRMの進化をリードし、顧客中心主義型組織への変革の担い手として、新しいCRM市場創出をめざします。
1994年設立、2001年ナスダックジャパン(現ヘラクレス)上場[証券コード:4322]、2006年よりキヤノングループ。


<報道関係からのお問い合わせは以下の担当へお願いいたします>
イーシステム株式会社 担当 池上
電話:03-6811-0013 E-mail:marketing@e-system.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

【ポータル画面】

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

関連情報
http://ultimablue.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。