logo

MA-EYESのビーブレイクシステムズが オープンソースソフトウェアシリーズ「ExCella(エクセラ)」を公開 ~企業情報システム市場におけるOSSの活用を積極的に推進~

株式会社ビーブレイクシステムズは、帳票やデータ移行などJavaとExcelの双方向での利用を実現するツール「ExCella」シリーズのOSS提供を開始致しました。

株式会社ビーブレイクシステムズ(代表:白岩 次郎 品川区西五反田、以下ビーブレイクシステムズ)は、弊社の業務管理システム「MA-EYES(エム・エー・アイズ)」の構築等で培ったシステム開発のノウハウの一部を「ExCella(エクセラ)」シリーズとしてOSS(オープンソース)化し、2009年5月に同シリーズのフレームワーク部分である「ExCella Core」を、本日(6月25日)より帳票ツールの「ExCella Reports」、データ移行ツールの「ExCella Trans」の提供を開始致しました。


今回ビーブレイクシステムズが提供する「ExCella」(リンク)とは・・・
いまや会社の業務を行う上でも欠かすことができない表計算ソフトExcelは、システム開発においてよく使用されるJavaから操作するためには、多くのコーディングを必要とし、またExcelのバージョンの違いにも悩まされることが多くあります。ExCellaはこのような問題を解決するために作られ、ExcelデータからJavaオブジェクトへと変換できるOSSです。ベースとなるフレームワーク、様々なシーンで適用可能な中~高レベルのAPIを提供する事で、JavaとExcelの双方向での容易な利用を実現することができ開発生産性を高めます。
なお、ExCellaシリーズの公開は、SourceForge.JP(リンク)で行います。


ビーブレイクシステムズは、事業戦略として、「Java」、「オープンソース」、「ERP」に特化し、他のシステム開発会社にはないサービスをお客様に提供させて頂いてきました。
またOSSを使用しての業務システムの構築を得意とし、トータルコストの面でもユーザから高い評価を得ています。今回ExCellaシリーズをOSS化し普及展開することにより、企業情報システム市場におけるOSSの活用を積極的に推進し、併せて一層の信頼性認知度向上を目指します。


【ExCellaシリーズ 概要】
1.ExCella Core(エクセラ・コア): ExCellaシリーズのコア部分。Excel上にタグを埋め込むことで、わずかなコーディングで簡単にJavaオブジェクトに変換可能。

2.ExCella Reports(エクセラ・レポーツ):ExCella Coreをベースとした帳票ツール。テンプレートからExcelやPDF帳票を作成。

3.ExCella Trans (エクセラ・トランス):ExCella Coreをベースとしたデータ移行支援ツール。ExcelデータをSQLやO/Rマッピングツールで利用可能。エンティティへと変換。


【動作環境・対応バージョン】Java:J2SE 5.0以上,Excel:2000(xls)~2007(xlsx)
【ライセンス体系】LGPL


【問い合わせ先】 
株式会社ビーブレイクシステムズ  
担当/ 岡部(おかべ)、木塚(きづか)
TEL 03-5487-7855 
e-mail info@bbreak.co.jp     URL リンク


※画像は開発中のものであり、製品版とは異なる可能性があります。
※Microsoft Offce Excelは、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。

このプレスリリースの付帯情報

ExCella Reports 参考画像

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

OSS:オープンソースソフトウエア(Open Source Software)とは、ソフトウェア設計図であるソースコードを、ネットなどを通じて無償で公開し、誰でもそのソフトウェアの改良や再配布が行えるようにすること。

API:API(Application Program Interface)とは、プラットフォーム(OSやミドルウェア)向けのソフトウェアを開発する際に使用できる命令や規約、関数等の集合のこと。ソフトウェア開発の際、プログラムの手間を省くため、APIを利用すればもともとあるプログラミングをもとに、自分でプログラミングすることなくその機能を利用したソフトウェアを作成できる。

SQL:SQL (Structured Query Language(構造化問合せ言語) )とは、データベースの操作言語のこと。

O/Rマッピング:O/Rマッピング(Object-relational mapping、ORM)とは、オブジェクト指向言語におけるオブジェクトとリレーショナルデータベースにおけるレコードをマッピング(対応付け)すること。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。