logo

ISID製SAP連携ソリューション「BusinessSPECTRE RealTime」とウイングアーク製帳票基盤ソリューション「SVF」が連携を強化

~SAP ERPの帳票をノンプログラミングで出力、開発工数を削減し更なるTCO削減へ~

 株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、資本金:81億8,050万円、代表取締役社長:水野紘一、以下ISID)ならびにウイングアーク テクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、資本金:1億272万円、代表取締役社長:内野弘幸、以下、ウイングアーク テクノロジーズ)は、ISIDが提供するSAP ERP用データ連携ソフトウェア「BusinessSPECTRE RealTime(ビジネス・スペクトル リアルタイム)」とウイングアーク テクノロジーズが提供する帳票基盤ソリューション「Super Visual Formade(スーパー・ビジュアル・フォーメイド、以下SVF)」との連携を強化することをお知らせいたします。


■連携強化によるメリット■
 両製品の連携を強化させることにより、日本企業特有のレイアウト指定などが求められる帳票システムの構築に際して、SAP ERPとの連携をノンプログラミングで実現することが可能となります。また、Microsoft.NETで構築された各種システムからSAP ERP上のデータを呼び出して帳票出力を行う場合も、同様に容易な連携が可能です。両製品を連携し活用頂く事により、導入企業における帳票開発時及び修正・変更時のコスト低減に寄与いたします。


■開発の背景■
 SAP ERPは、ERP市場でトップシェアを誇る基幹業務パッケージソフトウェアで、受発注、調達、生産管理、会計など様々な業務情報のリアルタイム共有の実現や、グローバルでの内部統制強化など、経営資源を集約・活用するためのシステム基盤として、多くの企業に採用されています。経営環境が厳しさを増す中、企業はSAP ERPに蓄積・集約された業務データをより積極的・多面的に活用する必要があり、周辺システムとの連携強化は多くの企業に求められています。更に組織変更やビジネスの変化に柔軟に対応するためメンテナンス性の高い帳票システムが求められているといえます。
 このような背景を踏まえ「BusinessSPECTRE RealTime」はノンプログラミングかつリアルタイムでのデータ抽出に特化した製品として開発されました。SAP側のプログラム開発を必要としないため、導入時の開発コストやメンテナンスコストを大きく低減することに寄与します。
 そして多くの企業に導入されている「SVF」は、さまざまな帳票作成・出力のニーズに応えられる柔軟さとメンテナンス性を追求した製品です。請求書や発注書といった日本企業に特有なきめ細かいレイアウト作成機能と、運用時におけるメンテナンス性の高さが評価されています。
 これらの製品を組み合わせることで低コストな周辺システム連携と柔軟な帳票開発が可能となり、メンテナンス費用低減を実現いたしました。


<システム概略図>:添付資料参照


 ISIDとウイングアーク テクノロジーズは、両製品の連携を強化させることで、SAP ERPから必要な情報を必要な時に自由に活用できる仕組みを提供し、企業における業務情報の更なる活用に向けた環境の向上を図ります。


 なお、本連携ソリューションの詳細については下記URLをご参照ください。
リンク


■セミナー開催のご案内■
ISIDとウイングアーク テクノロジーズは、本連携ソリューションについてのセミナーを以下のとおり開催いたします。
セミナー名:「SAP・帳票システム連携におけるデータ切出し用プログラム、開発・運用コスト削減実感セミナー」
開催日:7月28日(火曜日)
時間:15:00~17:30(開場14:30)
受講料:無料
定員:30名
会場:ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
     〒108-0075 東京都港区港南1-8-15Wビル14F
お申し込みURL:
リンク


■「BusinessSPECTRE RealTime」について■
□製品概要
 SAP ERPからのリアルタイムなデータ抽出を、短期間で安価に導入できるソリューションとして、企業の様々なニーズに幅広く対応いたします。SAP側の開発はSAP標準機能となるSAPQueryを利用したGUIベースでの設定で利用可能です。周辺システムからのSAPデータ抽出を容易に実現する事により、様々なシステムとSAP ERPとの連携を支援します。
□価格
・ライセンス価格
ユーザライセンス:500,000円 /5ユーザ ~
サーバライセンス:2,000,000円 /1サーバ ~


・保守費用(年間)
ユーザライセンス:100,000円 /5ユーザ~
サーバライセンス:300,000円/1サーバ~


■「Super Visual Formade(SVF)」について■
□製品概要
 SVFは、業務システムの再構築で課題となる帳票分野のシステム開発を短期構築します。とくに、固有の帳票デザインで運用される請求書や伝票、発注書、見積書や給与明細、出荷指図書や検品ラベルなど、業務に必要なあらゆる帳票を劇的な工数で設計開発することができます。電子化した帳票は、大量出力・Webからのクライアント印刷・PDF・メール・ FAXなど、業務の用途にあった運用を早期に実現できます。
□価格
SVF for .NET Framework 800,000円~ (税別) 1サーバ1CPU


【製品・サービスに関するお問合せ先】
株式会社電通国際情報サービス 
エンタープライズソリューション事業部
ES事業企画管理部
TEL:03-6713-7100  E-Mail:erp-info@isid.co.jp


ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
TEL:03-6710-1700  E-Mail:tsales@wingarc.co.jp


<電通国際情報サービス(ISID) 会社概要>
社名:株式会社電通国際情報サービス(略称:ISID)
代表者:代表取締役社長 水野紘一
本社 :東京都港区港南2-17-1
U R L :リンク
設立:1975年
資本金:81億8,050万円
連結従業員:2,269人(2009年3月31日現在)
連結売上額:751億4,800万円(2009年3月期) 
事業内容  :1975年の設立当初から顧客企業のビジネスパートナーとして、コンサルティングからシステムの企画・設計・開発・運用・メンテナンスまで一貫したトータルソリューションを提供してきました。IT Solution Innovatorをビジョンとし、製造業向けソリューション、金融業向けソリューションを始め、会計分野、ERP分野、マーケティング分野など、多方面にわたって積極的な事業展開を図っております。


<ウイングアーク テクノロジーズ 会社概要>
社名:ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
代表者:代表取締役社長 内野 弘幸
本社 :東京都港区港南1-8-15 Wビル14F
U R L :リンク
設立:2004年3月
資本金:1億272万4905円
従業員:185人(2009年2月現在)
売上額:81億円(2009年2月期) 
事業内容:大手SI企業/上場企業の情報システム部門が取り組むシステム開発の効率化をはかるため、業務アプリケーション開発に不可欠な帳票システム・集計レポーティング分野に特化したツール・ミドルウエア製品の開発と販売、導入支援、コンサルティング等さまざまな保守サービスの提供を主な事業内容とします。


*本リリースに記載された会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

このプレスリリースの付帯情報

システム概略図

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。