logo

アイシロンの最新ソフトウェアがスケールアウト NAS 分野でのリーダーシップを拡大


2009年6月10日 - スケールアウト NAS 分野をリードするアイシロン・システムズ(Isilon Systems, Inc. 本社: 米国ワシントン州シアトル、社長兼CEO: スジョー・パテル(Sujal Patel)、日本法人: アイシロン・システムズ株式会社、代表取締役: 瀧口 昭彦、以下アイシロン)は本日、OneFS(R)オペレーティングシステムと SyncIQ(R) データ レプリケーション ソフトウェア アプリケーションの最新バージョンの提供を開始しました。この最新ソフトウェアのリリースにより、スケールアウトNASストレージの拡張性、効率性、データ保護を強化し、データの急増に伴うビジネスリスクを最小限に抑え、情報価値の最大化が可能になります。



OneFS 5.5 は 5ペタバイト以上の容量と、45ギガバイト/秒 のトータル パフォーマンス、170万 IOPS の処理能力を 単一ファイルシステムで提供します。OneFS 5.5には、業界最高レベルのデータ保護を提供する FlexProtect データ保護アプリケーションの新バージョンが含まれており、ストレージの取得と管理にかかるコストを削減しつつ、システムの効率性を大きく向上させます。データレプリケーション・アプリケーションの最新バージョンである SyncIQ 2.5 は、スピード、インテリジェンス、効率性の向上を実現し、高速・高信頼のデータ レプリケーションを可能にします。



アイシロンのプロダクト マネージメント担当シニア ディレクタ、サム・グロコット(Sam Grocott)は次のように述べています。「多くの企業は、制約の多い従来のアーキテクチャから離れる傾向がみられます。ファイルベースのデータの急増、仮想化技術への高い依存、資産および運用支出削減の推進という動きから、企業のデータストレージ要件にスケールアウト NAS 特有の利点が急速に組み込まれるようになってきています。我々が今年3 月に発表したハードウェア プラットフォームの広範な機能拡張に加え、企業が抱えるファイルベース ストレージの課題に対応するために効率性、拡張性、データ保護を強化するソリューションを提供することで、スケールアウト NAS 分野でのリーダーシップとイノベーションのさらなる拡大を図ります」。



Gartner のリサーチ ディレクタ、プーシャン・リネン(Pushan Rinnen)氏は次のように分析します。「現在の景気低迷を受けて、大企業は、予算の削減と、ストレージ容量の拡張を求めるニーズの高まりという 2つの重要な課題に直面しています。従来のアーキテクチャは、コスト効率に優れた拡張性と、継続的な管理のしやすさを提供する設計にはなっていません。これに対してスケールアウト NAS は、ファイルベースのデータの容量とパフォーマンスの管理において、サービスの中断を伴わない拡張性と柔軟性を提供します。ファイルベース データの増加に伴い企業のデータストレージの優先度がますます高まる中、このような特性を持つスケールアウト NAS は、従来のストレージに代わる強力なソリューションとして普及しつつあります」



なお、本日よりこれらの製品の提供が開始されます。本製品のリリースにあたり、アイシロン・システムズは、”らくらく購入キャンペーン”を実施します。



<” らくらく購入キャンペーン”のお知らせ>

キャンペーン期間: 2009年6月10日から9月30日

キャンペーン参考価格

   製  品 最小システム構成 キャンペーン参考価格

Isilon IQ 5400S 16.2TB、IQ5400S 3台、Infinibandスイッチ 1,480万円 (914円/GB)より

Isilon IQ 36000x 108TB、IQ36000x 3台、Infinibandスイッチ 4,000万円 (370円/GB)より

Isilon IQ 36NL 108TB、IQ36NL 3台、Infinibandスイッチ 2,160万円 (200円/GB)より



【アイシロン・システムズについて】

Isilon Systems (NASDAQ: “ISLN”)は、スケールアウトNASストレージ分野の世界的リーダーとして、お客様のアプリケーションやワークフロー、業務プロセスのパフォーマンス を最大化し、ユニークなビジネスの価値をもたらすクラスタ・ストレージとデータ管理ソリューションを提供しています。スケーラビリティの高さと容易な管理 性を備え、コスト効率のよいIsilon IQ は、企業が大容量かつ急激に増大するファイルベースのデータを管理することを可能にします。詳しい情報は リンク もしくはリンク をご参照ください。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。