logo

日立ソフト、IT を活用したコスト削減ソリューションを提供開始

─ 自社の取り組み成果を中心に、導入後1 年で業績に直接寄与する商品を厳選 ─

日立ソフト(本社:東京都品川区、執行役社長:小野 功)は、これまで自社で取り組んできたコスト削減の取り組み成果を中心に、 導入後1年で業績に直接寄与できる商品・サービスを厳選し、IT を活用したコスト削減ソリューションとして、本日より提供を開始します。

 米国でのサブプライムローン問題を発端とした世界同時不況により、お客様が求めているソリューションやサービスは、 企業価値向上に貢献できるものから、「コスト削減」に対して短期間で直接効果のあるものへと変化しています。このような状況下、 日立ソフトが進めてきたコスト削減のノウハウを中心に、IT を活用したコスト削減ソリューションとして出張コスト、印刷コスト、 労務コスト、IT コストの4 つのカテゴリー、17 商品に体系化し提供します。

【コスト削減ソリューションの概要】

 日立ソフトのコスト削減のノウハウ、及びインタラクティブ電子ボード「StarBoard」、ドキュメントガバナンス「活文」、 指静脈認証システム「静紋」、統制IT 基盤提供サービス「SecureOnline」等の自社製品・サービスを中心に、 コスト削減効果の可視化と実現方法を体系化しました。

1.コンセプト

導入後1 年でコスト削減に直接寄与するソリューションを厳選しています。具体的には以下の3 点です。
(1) お客様の財務状況の改善に直接寄与すること。(例)出張コストが年間○○円削減。
(2) お客様の出費の抑制に寄与すること。 (例)開発環境の月額利用(SecureOnline)
(3) お客様の外注コスト削減(外注の内製化)に寄与すること。

2.ソリューションの体系

出張コスト、印刷コスト、労務コスト、IT コストの4つのカテゴリー、17 商品です。

<出張コスト削減ソリューション>(2 商品)
1 遠隔会議システム導入で海外出張費を削減! StarBoard
2 TV会議を導入したのに出張が減らない。TV会議システムの利用率を上げて出張費を削減。 StarBoard

<印刷コスト削減ソリューション>(4 商品)
3 紙で配っている社内配布物の削減 活文PDFstaff
4 本人認証で、印刷ミス・私用印刷を撲滅 静紋
5 業務帳票の電子化で、印刷/書庫スペースを削減 ReportMission
6 会議の配布資料削減により、ペーパーレス会議を推進 StarBoard

<労務コスト削減ソリューション>(1 商品)
7 厳密な勤怠管理により労務コストを適正化 静紋

<IT コスト削減>ソリューション(10 商品)
うちIT 企画・開発コストの削減(4商品)
8 仮想化によるサーバ統合で、開発サーバコストを削減 仮想化SIソリューション
9 クラウド型開発環境の利用で、オフバランス化の実現 SecureOnline
10 クラウド型開発管理サービスで開発コストを削減 ManageFeed
11 ドキュメント制作を効率化し制作コストを削減 活文DocProducer

うちIT 運用管理コストの削減(6 商品)
12 仮想化によるサーバ統合で、ハード運用コストの削減 仮想化SIソリューション
13 ID・アクセス権管理を統合し、人事異動時の対応コストを削減 SR-Account
14 システム障害の監視から通報を自動化 TELstaff
15 システム障害の原因を推測し、障害対応作業を効率化 RevenueMax Ecsia
16 システム手動運用時のオペレーション業務を効率化 Ioperation
17 DB マスタデータのメンテナンス業務を効率化 MasterInfinity


【日立ソフトのコスト削減の取組みとその効果】

日立ソフトでは、出張コスト、印刷コスト、IT コストの削減に取り組み、効果を上げてきました。

(1) 出張コスト削減

2007 年度からのワークスタイル改革の活動やTV 会議システムの増設を行い、 社員等の国内移動における出張・交通費を、2008 年度の1 年間で約5,700 万円削減しました。現在、TV会議システムを本社8 台(可動式2 台含む)、 各地域開発拠点及び支店に12 台、合計20 台設置しています。今後も増設を計画しています。

(2) 印刷コスト削減

年間約391 万枚の紙使用量を削減しました。
(a) 社内配布物の一部電子化
(b) 複合機印刷時に指静脈認証による個人認証を行い、失敗した資料の印刷を中止
(c) 会議のための資料印刷を無くすために、会議室への液晶プロジェクタとStarBoard の導入によるペーパーレス会議の推進
(c) 保管文書類の業務帳票の電子化
印刷の削減は、環境負荷低減や情報漏洩リスクの減少などにも効果があります。

(3) IT コスト削減

2006 年10 月より、開発用サーバや保守用サーバ等280 台以上をSecureOnline(*)の環境で利用することにより、 サーバ購入の金額に比べて、約7,800 万円のIT コストを削減しました。
(*)SecureOnline:日立ソフトが開発した仮想マシン、OS、付帯する運用サービスをPaaS(プラットフォーム・アズ・ア・サービス)型で提供するサービス

■コスト削減ソリューション キャンペーンサイト :リンク

■本件に関するお問い合わせ
 担当部署:@Sales24
 Tel: 03-5479-8831  ホームページ: リンク

■報道機関からのお問い合わせ先
 担当部署:日立ソフト CSR 本部 広報・宣伝部 広報IRグループ 担当 : 竹橋、高野
 Tel:03-5780-6450 Fax:03-5780-2013 E-mail:press@hitachisoft.jp

用語解説

※StarBoard、活文、PDFstaff、静紋、ReportMission、SecureOnline、ManageFeed、DocProducer、 SR-Account、TELstaff、RevenueMax、Ioperation、MasterInfinity は日立ソフトの登録商標です。
※日立ソフトの導入効果は、当社の独自試算でありコスト削減効果を保証するものではありません。
※日立ソフトの正式名称は、日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事