logo

2011年末にはセルラーバックホール容量の過半を占めるイーサネット

米国の調査会社インスタット社は出版レポート「世界のセルラー/WiMAXバックホール市場調査:市場概況、主要ベンダ、地域別ネットワーク容量予測 - Big Pipes - The Global Market for Cellular/WiMAX Backhaul」のプレスリリースにおいて、世界のセルラー、WiMAXネットワークをサポートするバックホールネットワークラストマイルの容量は、2013年末に9万Gbpsになるという予測結果を発表しました。

【プレスリリース日本語訳】
最も普及するラストマイルリンクメディアはマイクロ波と見られているため、イーサネットはセルラーやWiMAXネットワークのバックホールのサポートに大きな役割を果たすようになるだろう。2011年末には、イーサネットの利用がセルラーバックホール容量の過半を占めるだろうと米国調査会社インスタット社は報告している。携帯電話会社の3GやLTEネットワークへの移行の状況によって、イーサネットへの移行には地域によるばらつきがある。

「携帯電話会社がデータ中心のネットワーク計画を進める中で、バックホールが再注目されてきている。既存の音声ベースのソリューションでは、現在オペレータが直面しているデータトラフィックの増加には対応できない」とインスタット社のアナリストDaryl Schoolar氏は語る。

セルラーバックホールは、携帯電話会社の無線アクセスネットワークとコアネットワークの間の、重要なリンクを提供する。その他の調査結果は、以下の通り。

■ 世界のセルラー、WiMAXネットワークをサポートするバックホールネットワークラストマイルの容量は、2013年末に9万Gbpsになるだろう
■ アジア太平洋地域では、LTEのセルラーバックホールラストマイルのバックホール容量は、2013年に2500Gbpsになるだろう
■ オペレータがバックホールソリューションを選択する場合に、非常に重要なのは拡張性である。オペレータは、バックホール容量を拡張するために明快で簡潔な方法を求めている
■ イーサネット上の音声では、オペレータはIEEE1588v2と同期イーサネットに注目し始めている

米国調査会社インスタット社の調査レポート「世界のセルラー/WiMAXバックホール市場調査:市場概況、主要ベンダ、地域別ネットワーク容量予測 - Big Pipes - The Global Market for Cellular/WiMAX Backhaul」は、セルラーとWiMAXのバックホール市場を調査している。主要ベンダの概観と長所・弱点、市場の主要な動向、セルラーバックホールラストマイル容量の5年間予測、GSM・CDMA・HSPA・LTE等の無線インターフェースの容量予測、セルラーバックホールラストマイルのTDMとイーサネット容量の5年間予測、セルラーバックホールラストマイルの銅線/光ファイバとマイクロ波の5年間予測、北米・アジア太平洋・ラテン/南米/カリブ海・西欧・東欧・中東/アフリカの地域毎のセルラー予測、WiMAXバックホールラストマイルの5年間予測も記載している。

【調査レポート】
世界のセルラー/WiMAXバックホール市場調査:市場概況、主要ベンダ、地域別ネットワーク容量予測
Big Pipes - The Global Market for Cellular/WiMAX Backhaul
リンク

インスタット (In-Stat)について
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。