logo

太陽光発電産業の重要さが見直され、急速に巻き返す

半導体産業の視点から太陽光発電市場をみたユニークな調査レポート

米国の半導体専門の調査会社ICインサイツ社は出版レポート「太陽光エネルギー市場調査:半導体産業の成長機会と予測 - Solar Energy: Growth Opportunities for the Semiconductor Industry」のプレスリリースにおいて、米国、欧州、中国政府の新たな奨励政策によって、2010年には太陽光発電の導入の需要が急回復するという見通しを発表しました。

【プレスリリース抄訳】
米国の半導体専門の調査会社ICインサイツ社の調査レポート「太陽光エネルギー市場調査:半導体産業の成長機会と予測 - Solar Energy: Growth Opportunities for the Semiconductor Industry」は、半導体産業の観点から見た太陽光発電市場の査定と分析を行っている。まず、チップ産業の高純度シリコンの市場に注目し、太陽光発電セクターの重要度によってめまぐるしく変化する需給のバランスを調査している。

また、太陽光発電デバイスメーカーは、シリコンは太陽電池の中で大きなコストを占めており、また太陽光発電に使用できるレベルのシリコンの供給は限定的なため、出力ワットあたりのシリコン必要量を削減することに注力してきた。新たにポリシリコンのプラントが稼動し始め、供給不足は緩和され、シリコンのコストは大きく下落してきている。

世界同時不況と信用収縮によって、欧州での政府の促進策が収縮したために、太陽光発電導入の需要は急減した。ソーラーパネルの在庫が急増し、事業の削減によって競争は激化し、太陽光発電のサプライチェーン全体で価格が下落した。ICインサイツ社は、世界の導入はメガワットベースで今年22%下落すると予測している。ソーラーパネルの平均価格は28%低下するだろう。

ICインサイツ社は、米国、欧州、中国政府の新たな奨励政策によって、2010年には太陽光発電の導入の需要が急回復すると見ている。太陽光発電の導入は、2008-2013年に35%上昇して6.7ギガワットとなり、同期間の年平均成長率は25%となるだろう。2009年の価格下落は、2010-2013年には繰り返さないだろうが、多くの市場でソーラーシステムの魅力を増大し、政府の導入奨励策が減少する4-5年後になってもその勢いは衰えないだろうと、ICインサイツ社は予測している。

【調査レポート】
太陽光エネルギー市場調査:半導体産業の成長機会と予測
Solar Energy
Growth Opportunities for the Semiconductor Industry
リンク

【ICインサイツ社 (IC Insights)社について】
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事