logo

ボルボグループ、次世代PLMソリューションの戦略的パートナーとしてPTCを選定

【2009年6月4日】PTC(本社:米国マサチューセッツ州、Nasdaq: PMTC、会長 兼CEO:リチャード・ハリソン)は、トラック、バス、建設機械、船舶および産業機械向け駆動システムの製造・開発、航空宇宙関連部品の開発およびメンテナンスサービスにおける世界有数のメーカーであるボルボグループが、同社のビジネスの方向性を示す指針として、同グループ向けPLMソリューションの戦略的パートナーにPTCを選定したことを発表しました。

PTC会長兼最高経営責任者(CEO)のC. リチャード・ハリソン(C. Richard Harrison)は「PTCのWindchill(R)は製品の開発・製造のプロセスにおいて重要な戦略的ソリューションです。PTCは、社内外およびグループ全体にわたる情報共有・業務協業を促進する環境構築を可能にすることで、顧客企業が市場競争で優位にビジネスを展開するサポートをしています」と述べています。

PTC社長兼最高執行責任者(COO)のジェームス・ヘプルマン(James Heppelmann)は「このような企業のビジネスの方向性を決定づける重要なPLMソリューションに関し、戦略的パートナーを一社に限定することは容易なことではありません。ボルボグループは広範囲にわたる包括的選定プロセスと、PLMベンダー各社およびPLMソリューションのベンチマークを実施しました。最終的にPTCが、ボルボグループのニーズを満たす最も信頼性の高いソリューションを提供するベンダーとして認められたことに、非常に満足しています。今回の選定は製品開発分野におけるPTCの優位性を明確に示すものであり、ボルボグループとの長期的な戦略的パートナーシップが今後も末永く続くことを期待しています」と述べています。


【自動車業界向けPTCソリューションについて】
PTCの自動車設計ソフトウェアは複数のツールが混在する環境において、より効果的な自動車設計・開発を実現し、設計データおよび部品の流用を促進します。同ソフトウェアとコラボレーションのためのツールにより地理的に分散した設計チームや生産拠点の連携を容易にし、サイクルタイムの大幅な短縮を実現します。さらに、PTCのダイナミック・パブリッシングシステムが技術文書の発行プロセスを自動化し、コスト削減と発行プロセスのスピードアップに貢献します。

【PTCについて】
米国マサチューセッツ州に本社を置くPTC(Nasdaq: PMTC)は、製品開発におけるグローバル化、市場投入時間の短縮、業務効率の追求など、製造業における企業の個々の課題に対応するソフトウェアとサービスを提供しています。重工業、電子・ハイテク、航空宇宙・防衛、自動車、消費財、医療産業においてPTCのCADソフトウェア、コンテンツ管理およびプロセス管理ソリューションを活用することにより、企業は主要な経営目標の達成ならびに顧客ニーズと業界法令基準双方に適合する革新的な製品開発の実現を可能にしています。

【PTCジャパンについて】
米PTCの日本法人(本社:東京都新宿区)。PLMソリューション製品群「Windchill」、コラボレーション環境に対応した機械系高機能3次元CAD/CAM/CAE「Pro/ENGINEER」、エクスプリシットモデリング/データ管理ソフトウェア「CoCreate」、製品情報提供ソリューション「Arbortext」、技術計算/ドキュメント化支援ソフトウェア「Mathcad」、データ・ビジュアライゼーション・ソフトウェア「ProductView」を販売、併せて製品開発業務プロセス改革コンサルティング、製品教育サービスを提供。1992年3月設立。国内5事業拠点。
Webサイト: リンク 

* PTCの社名、ロゴマークおよびWindchill、Pro/ENGINEER、CoCreate、Arbortext、Mathcad、ProductViewなどすべてのPTC製品の名称およびロゴマークは、PTC(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。その他、記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

関連情報
http://www.ptc.com/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事