logo

【レポート販売】「10 HDD業界の実態と将来展望」

~激変するHDD・関連業界の将来性~

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐 幹 )は、情報通信関連機器・電子部品及び材料・エネルギー・環境についての調査業務を行う株式会社日本エコノミックセンター(代表取締役 石澤 宜之 東京都中央区)が発行する調査資料「10 HDD業界の実態と将来展望」の販売を開始しました。

報報道関係者各位

平成21年6月4日
株式会社クロス・マーケティング
(東証マザーズ 3629)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
クロス・マーケティング、
     「10 HDD業界の実態と将来展望」を販売開始

      ~激変するHDD・関連業界の将来性~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■■ 要約 ■■

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐 幹 )は、情報通信関連機器・電子部品及び材料・エネルギー・環境についての調査業務を行う株式会社日本エコノミックセンター(代表取締役 石澤 宜之 東京都中央区)が発行する調査資料「10 HDD業界の実態と将来展望」の販売を開始しました。

詳細ページ:リンク


■■ 資料概要 ■■

ハードディスクドライブ(HDD)業界は、生き残りを賭け企業の再編が進んでいます。東芝が2009年度中に富士通よりHDD事業の買収を発表し、昭和電工が富士通のHDD用磁気ディスク生産子会社、山形富士通を統合し、生産体制の見直しを図っています。近年の世界的な景気低迷により、HDD業界も少なからず影響を受けています。

弊社推定によれば、2008年度のHDD世界出荷台数は5億1,500万台で、前年度比2.4%の増加にとどまりました。2009年度はさらに厳しさを増し、同年度の出荷台数は弊社推定で4億9,800万台と前年度3.3%の減少となる見通しです。2008年度の世界シェアでは、米国シーゲイト・テクノロジーが弊社推定で31.8%と、首位を確保しており、以下米国ウエスタンデジタルが27.0%(弊社推定)、日立グローバルストレージテクノロジーズ(日立GST)が16.8%(同)、東芝が9.1%(同)と続いています。
 
HDDはパソコンがデスクトップ型からノート型へ移行していることや、カーナビゲーションやゲーム機向けに需要が拡大していることから、小型化が進んでいます。インチ別では、2008年度における2.5インチ以下型(1.8インチ等含む)の世界出荷台数は2億4,500万台と同15.6%の増加、3.5インチ型は2億7,000万台と同7.2%の減少となりました(弊社推定)。2.5インチ以下型のメーカーシェアでは米国ウエスタンデジタル、3.5インチ型では同シーゲイト・テクノロジーがそれぞれ首位を獲得した模様です。2009年度は2.5インチ以下型が過半数を超え、今後も増加傾向は続くと予測されます。3.5インチ型は減少傾向にあるが、サーバ向けなどに一定の需要が見込まれます。

なお、1.8インチ以下型はNANDフラッシュメモリーとの競合により、生産撤退が相次ぎ、減少傾向が続くと予想されます。本資料は業界情報に基づき、弊社独自による推移予測のほか、部材、技術開発などを含めた主要各社の実態と今後の動向等について、編纂したものです。

■■ 資料目次 ■■

第I章 HDD世界市場の現状と将来展望

1.HDD世界市場の動向と展望
(1)HDD市場規模と動向
(2)HDD世界出荷台数推移予測
(3)メーカー別出荷台数世界シェア予測
2.HDD世界市場規模推移予測(表・グラフ)
(1)1.8インチ型以下HDD世界出荷台数推移予測
 (~2015年度)/メーカー別シェア予測
(2)2.5インチ型HDD世界出荷台数推移予測
 (~2015年度)/メーカー別シェア予測
(3)3.5インチ型HDD世界出荷台数推移予測
 (~2015年度)/メーカー別シェア予測
 (3.5インチ全体/ATA型/SCSI型)
3.インチ別HDD世界出荷台数推移予測
 (~2015年度)/インチ別シェア予測
4.メーカー別HDD世界出荷台数推移予測(グラフ)
 (HDD全体/1.8以下/2.5/3.5各インチ型)
5.主要HDDメーカーの動向と戦略
(1)ウエスタンデジタル社(米国)
(2)サムスン電子社(韓国)
(3)シーゲイト・テクノロジー社(米国)
(4)株式会社 東芝
(5)株式会社 日立グローバルストレージテクノロジーズ
(6)富士通 株式会社

第II章 HDメディア世界市場の動向と展望

1.HDメディア世界市場の動向と展望
(1)HDメディア世界出荷枚数推移予測(~15年度)
(2)メーカー別出荷枚数世界シェア予測
2.HDメディア世界市場規模推移予測(表・グラフ)
(1)アルミ基材出荷枚数推移予測(3.5インチ)
(2)ガラス基材出荷枚数推移予測(2.5インチ以下)
(3)アルミHD世界出荷枚数推移予測(~2015年度)
〔1〕メディアメーカー別シェア予測
〔2〕サブストレートメーカー別シェア予測
(4)ガラスHD世界出荷枚数推移予測(~2015年度)
〔1〕メディアメーカー別シェア予測
〔2〕サブストレートメーカー別シェア予測
3.インチ別HDメディア世界出荷枚数推移予測
 (~2015年度)/インチ別シェア予測
4.メーカー別HD世界出荷枚数推移予測(グラフ)
(1)1.8インチ以下HDメディア世界出荷枚数推移予測/メーカー別シェア予測
(2)2.5インチHDメディア世界出荷枚数推移予測/メーカー別シェア予測
(3)3.5インチHD出荷枚数推移予測(~2011年度)/メーカー別シェア予測
5.HDメディア関連企業の動向と戦略
(1)主要アルミHD関連企業の動向と戦略
〔1〕株式会社 神戸製鋼所
〔2〕昭和電工 株式会社
〔3〕東洋鋼鈑 株式会社
〔4〕富士電機デバイステクノロジー 株式会社
〔5〕古河電気工業 株式会社
(2)主要ガラスHD関連企業の動向と戦略
〔1〕旭硝子 株式会社
〔2〕株式会社 オハラ
〔3〕コニカミノルタオプト 株式会社
〔4〕シチズンセイミツ 株式会社
〔5〕HOYA 株式会社


第III章 HDD関連部材及び有力企業の動向

1.磁気ヘッド世界市場規模推移予測(表・グラフ)
(1)磁気ヘッド世界出荷数量推移予測(~2015年度)
(2)磁気ヘッドメーカー別世界数量シェア予測
(3)GMR・TMRヘッド市場長期推移予測(~2018年度)
2.磁気ヘッド関連企業の動向と戦略
(TDK(株)/(株)日立グローバルストレージテクノロジーズ)
3.HDD用モータ世界市場規模推移予測(表・グラフ)
(1)HDD用モータ世界出荷数量推移予測(~2015年度)
(2)HDD用モータ世界出荷数量シェア予測
4.インチ別HDD用モータ世界出荷数量推移予測(~2015年度、グラフ)
5.メーカー別HDD用モータ世界出荷数量推移予測
(1.8以下/2.5/3.5各インチ型(シェア含む))
6.HDD用モータメーカーの動向と戦略
(1)日本電産 株式会社
(2)パナソニック四国エレクトロニクス 株式会社
(3)ミネベア 株式会社
7.フレキシブルプリント基板(FPC)市場予測
(国内全体/世界全体/HDD用/メーカー別HDD用FPCシェア予測)
8.HDD用サスペンション世界市場推移予測(~2015年度)/メーカー別シェア予測
9.HDD関連部材・技術有力企業の動向と戦略
((株)アルバック/NOK(株)/三洋化成工業(株)/新日鉄マテリアルズ(株)/セイコーインスツル(株)/
日鉱金属(株)/日東電工(株)/日本発条(株)/日本ミクロコーティング(株)/日立金属(株)/(株)フジクラ/(株)フルヤ金属/北陸電気工業(株)/(株)松村石油研究所/三井化学(株)/三菱マテリアル(株)/
リンテック(株))
10.主要研究機関によるHDD関連技術開発の動向
(九州大学/京都大学/東京大学/東北大学)


第IV章 HDD応用及び競合市場の動向と展望

1.HDD関連分野の市場概況
(1)HDD用途別世界市場長期推移予測(~2018年度)
(2)HDD用途別世界シェア(台数ベース)
2.パソコン市場の動向
(1)パソコン国内/世界市場推移予測(~2015年度)
(2)パソコン国内/世界シェア(台数ベース)
3.DVDレコーダー市場の動向
(1)HDD搭載型DVDレコーダー国内/世界市場推移予測(~2015年度)
(2)DVDレコーダー国内/世界市場推移予測(~15年度)
(3)DVDレコーダー国内/世界出荷台数シェア
4.据置型ゲーム機市場の動向
(1)据置型ゲーム機国内/世界市場推移予測(~15年度)
(2)据置型ゲーム機製品別国内/世界シェア
5.ビデオカメラ市場の動向
(1)ビデオカメラ国内/世界市場推移予測
(2)HDD搭載型ビデオカメラ世界市場推移予測
6.カーナビゲーション市場の動向
(1)カーナビゲーション国内/世界市場推移予測
(2)カーナビゲーション(HDDタイプ)メーカー別国内/世界シェア(台数ベース)
(3)カーナビゲーションタイプ別国内/世界市場予測
7.サーバ市場の動向
(1)サーバ国内/世界市場推移予測
(2)サーバ国内/世界シェア(出荷金額ベース)
8.ストレージシステム市場概況
(1)ストレージシステム市場の動向
(2)ストレージシステム世界シェア予測(金額ベース)
9.HDD競合市場の動向
(1)ソリッド・ステート・ドライブ(SSD)市場の動向
〔1〕SSD関連企業の戦略
(インテル社(米国)/サムスン電子(韓国)/サンディスク(米国)/TDK (株)/(株)東芝)
〔2〕SSD世界市場推移予測(出荷台数)
(2)NAND型フラッシュメモリー世界市場の動向
〔1〕NAND型フラッシュメモリー世界市場推移予測(~2015年度)
〔2〕NAND型フラッシュメモリー世界シェア
〔3〕NAND型フラッシュメモリー用途別比率予測
10.HDD搭載関連企業の動向と戦略
(クラリオン(株)/シャープ(株)/ソニー(株)/ TOA(株)/ (株)東芝/日本電気(株)/日本ビクター(株)/パイオニア(株)/パナソニック(株)/(株)日立製作所/富士通(株)/三菱電機(株))

■■ 概要 ■■

商 品 名:10 HDD業界の実態と将来展望
発 刊 日:2009年6月1日
発   行:株式会社日本エコノミックセンター
販   売:株式会社クロス・マーケティング
判   型:B5判 210貢
価   格:69,500円(本体価格66,190円+消費税3,310円)別途税込送料500円

詳細ページ: リンク

■■ 関連資料のご案内 ■■

◇「09燃料電池業界の実態と将来展望」2009年02月25日
~家庭用燃料電池・世界初の本格商用化へ~
詳細ページ:リンク

◇「09太陽光発電市場の実態と将来展望」2009年01月21日
~世界的に導入が進む太陽電池~
詳細ページ: リンク

◇「09コンデンサ市場の実態と将来展望」2008年11月25日
~コンデンサ業界の動向と将来性~
詳細ページ: リンク

◇「09新エネルギービジネスの将来展望」2008年10月20日
~期待される新エネルギー業界~
詳細ページ: リンク

◇「09電池業界の実態と将来展望」2008年10月02日
~拡大するリチウムイオン電池市場~
詳細ページ: リンク

◇「09光ディスク市場の実態と将来展望」2008年07月28日
~ブルーレイディスクの動向と関連市場の将来性~
詳細ページ: リンク


【お申し込み方法】
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を明記の上お申し込みください。
また、上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフォームでのお申し込みも可能となっております。


■■ 株式会社クロス・マーケティングについて ■■

株式会社クロス・マーケティングは、国内130万人超の大規模モニターを軸に、生活者の「生」の声を、主にインターネットを活用して収集するマーケティングリサーチ会社です。
生活者の嗜好の多様化や、商品サイクルの短期化に対応するため、ネットリサーチの優位性である「スピード」「コスト」に加え、「品質」を最大限に重視したリサーチサービスを展開しています。
調査企画から設計、実査、集計・分析レポートまで、マーケティングリサーチに関するあらゆるサービスをトータルにサポートいたします。


■■ 株式会社クロス・マーケティング 会社概要 ■■

名称:株式会社クロス・マーケティング
本社所在地:東京都中央区銀座8丁目15番2号 銀座COMビル6F
代表者:代表取締役社長 五十嵐 幹
設立:2003年4月
URL:リンク


■■ 本件に関するお問い合わせ先 ■■

株式会社クロス・マーケティング
担当部署:ライブラリビジネスグループ
       NS-Shop 販売窓口担当
Tel:03-3549-1319 
Fax:03-3549-0221 
Mail:ns-info@cross-m.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事