logo

SaaS方式のバックアップ / リカバリソリューションを日本で初めて確立 事業者を支援するフランチャイズ型プログラムを開始

データを定期的・自動的に遠隔バックアップし、障害・災害時に10分以内に高速復旧 事業者の計画に応じた価格設定でサービスの普及を加速

ファルコンストア・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 山中 義晴、以下 ファルコンストア)は、企業のデータを定期的に自動バックアップするだけでなく、障害・災害時には最短10分以内に暫定運用を可能にする高速リカバリソリューションを、日本で初めてSaaS(Software as a Service)方式で提供する「RecoveriOn Demand(リカバリオン・デマンド)」ソリューションを確立し、同ソリューションで事業展開するサービス事業者向けにフランチャイズ型の支援プログラムを開始します。

BCP(事業継続計画)の一環としてITサービス継続対策への関心が高まる中、データのバックアップやシステムの可用性の確保が重要な課題となっています。
しかしながら、特に中堅・小規模企業は、システムの二重化やディザスタリカバリの環境を構築することは、導入・運用コストが大きな負担となります。また、従来からいくつかの事業者がデータのバックアップを行うオンラインサービスやオンラインストレージサービスを展開してきましたが、リカバリの機能を持たないため、BCPを実現する手段としては機能面で不足していました。

これに対して、「RecoveriOn Demand」は、ファルコンストアの「FalconStor CDP」によるバックアップ/高速リカバリ環境を、低価格でオンデマンドに利用でき、自社でのシステム冗長化やバックアップソフトの導入が不要で、ITにおける事業復旧の対策を簡単に実現することができます。


「RecoveriOn Demand」では、各企業のサーバのOSやデータのミラーディスクを、「RecoveriOn Demand」サービスセンタのサーバに継続的に自動生成し、最大255世代まで管理可能な独自のスナップショット機能により、どの時点にでもデータを復旧させることが可能です。
「RecoveriOn Demand」は、データの継続保護にとどまらず、事業継続に不可欠な高速リカバリを重視しているのが特長で、自社システムの障害・災害時には、サービスセンタにおいて最短10分以内に暫定運用を開始することが可能です。

ファルコンストアは既に、米国およびアジア各国で同種のサービスである「PrimeVault」を提供しており、同サービスで実績のあるサービスプログラムやサービスパーツを国内のサービス事業者に提供し、バックアップ/リカバリのクラウドサービスの普及を促進します。


今回のフランチャイズ型支援プログラムの特長は、「RecoveriOn Demand」サービスを開始するに当たり、サービス事業者(フランチャイジー)の事業計画や実施状況に合わせて、ソフトウェア等のインフラのコンポーネントだけでなく人員配置、価格設定や収支計算、あるいは管理インターフェースに至るまで、きめ細やかに支援することです。これにより、サービス事業者は迅速かつ円滑にサービスをスタートしやすくなります。


フランチャイズ型支援プログラムは6月10日から提供開始予定です。
ファルコンストアでは初年度10社、次年度20社へのフランチャイズ展開を計画しており、サービスを利用するエンドユーザは、2年間で中小企業を中心として約2,000社を見込んでいます。

_______________________
■ 「RecoveriOn Demand」サービスの機能と特長
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・ 保護対象サーバのOS、データを継続的に複製。最大255世代までのスナップショットを取得し、どの時点にでもデータを復旧させることが可能
・ ブロックレベルの差分を転送・複製するため、大容量データにも対応可能
・ システム障害時、災害時には最短10分以内に暫定運用を開始可能
・ システム復旧時に、データの高速リカバリをサービスとして提供

_______________________
■ 「RecoveriOn Demand」サービスの利用メリット
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・自社でのシステム冗長化やバックアップツールの導入が不要
・データバックアップのオペレーションが不要
・短期間でサービスを利用開始可能
・保護対象サーバには軽量のCDPエージェントソフトを導入するだけでシステムへの影響は最低限
・ディザスタリカバリに有効なリモートバックアップが可能
・システム障害時、災害時には、重要業務を短時間で再開可能

このプレスリリースの付帯情報

サービス概念図

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事