logo

スターティア株式会社、オフィスコンサルティングを行うMACオフィスが関連会社に。

第三者割当増資を引き受け。

スターティア株式会社は、6月1日、オフィスコンサルティングを手掛ける株式会社MACオフィスの第三者割当増資の引き受けを行いました。これによりスターティアはMACオフィス発行株式総数の42.86%を保有し、MACオフィスは、当社の持分法適用関連会社となります。

2009年6月1日
スターティア株式会社
代表取締役社長 兼 最高責任者 本郷 秀之
(コード番号 3393 東証マザーズ)


【ニュースリリース】
============================================================
オフィスコンサルティングを行うMACオフィスが関連会社に
第三者割当増資を引き受け
============================================================


 スターティア株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 兼 最高経営責
任者:本郷秀之、証券コード3393、以下「スターティア」)は、6月1日、オフィ
スコンサルティングを手掛ける株式会社MACオフィス(東京オフィス:東京都港
区、本社:大阪市中央区、代表取締役社長:池野衛、以下「MACオフィス」)の
第三者割当増資の引き受けを行いました。これによりスターティアはMACオフィ
ス発行株式総数の42.86%を保有し、MACオフィスは、当社の持分法適用関連会社
となります。また同時にスターティアの取締役を1名派遣いたします。
 尚、今後は当社「ファシリティ事業部門」を会社分割の方法により分割し、
MACオフィスを事業部門の承継先とする予定です。
 MACオフィスは、昭和41年に創業し、「企業価値を上げるオフィスデザイン」
をコンセプトに、オフィス移転、事務所開設、オフィスレイアウト変更をお考え
の中小から中堅企業・成長意欲旺盛なベンチャー企業向けに、「スピード・高品
質・ローコスト」のサービスを提供しております。
 スターティアのファシリティ事業部門は、顧客企業のオフィスの新規拠点の開
設や既存オフィスの移転や改装に伴う内装設計・施工・原状回復工事等を担当
し、中小企業のオフィスインフラの充実を図るトータルオフィスソリューション
のサービス拡大に貢献いたしました。しかしながら、オフィスファシリティに対
するニーズとそれに伴う専門性は年々高まりを見せており、また今後の当社グル
ープの事業戦略を見直していく中で、MACオフィスと共同で事業展開を行うこと
が、両社において最も事業発展が図れると判断し、この度、第三者割当増資の引
き受けを行いました。
 MACオフィスが当社の持分法適用関連会社になることによって、これまで以上
に顧客ニーズを満たす専門性の高いサービスを提供できるようになり、同時にス
ターティアが提供するトータルオフィスソリューションの更なる拡大に寄与する
ものと期待しております。


■関連URL
・スターティア リンク
・MACオフィス リンク


【スターティア株式会社の概要】
東京都新宿区に拠点を置く、通信機器販売会社。オフィスのインフラを総合的に
提案するワンストップシステムを採用し、中堅・中小企業のオフィスをトータル
プロデュースする。2005年12月東証マザーズ上場。


■本件に関するお問い合わせ
スターティア株式会社
経営戦略室 広報担当
〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-14-11 日廣ビル2 階
Tel 03-5339-2101  FAX 03-5339-2104
e-mail:info@startia.co.jp URL:リンク


以 上

用語解説

■用語解説
【株式会社MACオフィスの概要】
オフィス内装デザインから企業移転、開設、改装などに伴うオフィスの企画、設
計、デザイン、それに伴う各種工事に関するトータルソリューション事業を手掛
ける会社。「オフィス環境をデザインする。」を企業コンセプトとする。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。