logo

不況の影響が特に大きい、市場全体の3/4を占める携帯端末の買い替え

米国の調査会社インスタット社は出版レポート「世界の携帯端末市場調査 2009年:市場概況、地域/技術別予測、不況の影響 - The Recession Reshapes the Worldwide Cellular Handset 5-Year Forecast」のプレスリリースにおいて、携帯端末の出荷数は、2009年に20%減少するという見通しを発表しました。

【プレスリリース日本語訳】
世界不況は今後2年間の携帯電話市場に暗い影を落とすだろうと、米国調査会社インスタット社は報告している。不況の間は、加入者数は減少し、携帯端末の出荷数の約3/4は買い替えになり、購入が慎重になって、市場は減速するだろう。技術の進歩の影響による、市場の一時的な回復もあるかもしれない。

「LTEやTD-SCDMAなどの新しい技術の携帯電話の販売では高値が期待でき、収益は出荷数よりも急速に回復するだろう。特に米国で、高額のスマートフォンの普及が進むことも、回復を早めるだろう」とインスタット社のアナリストAllen Nogee氏は語る。

インスタット社は、下記についても調査した。
■ 携帯端末の出荷数は、2009年に20%減少するだろう
■ LTEは、2013年の北米の携帯電話収益を13億ドル促進するだろう
■ アジア太平洋地域は、今後5年間は携帯電話の出荷数の成長が最も遅れるだろう

インスタット社の調査レポート「世界の携帯端末市場調査 2009年:市場概況、地域/技術別予測、不況の影響 - The Recession Reshapes the Worldwide Cellular Handset 5-Year Forecast」は、携帯電話の世界市場を調査した。現在の不況に関する最新情報や、世界の携帯電話出荷数・収益・平均販売価格を地域毎・技術毎に予測し、現在の経済状況の影響に関する前回の予測と論議の比較等を記載している。

【調査レポート】
世界の携帯端末市場調査 2009年:市場概況、地域/技術別予測、不況の影響
The Recession Reshapes the Worldwide Cellular Handset 5-Year Forecast
リンク

インスタット (In-Stat)について
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事