logo

現場のノウハウを業務プロセス単位で共有できる次世代データベース ひびき(R)Sm@rtDB ver.2.0を発表

-現場に蓄積された業務ノウハウの流通・再活用を強力に推進する機能を搭載-

株式会社ドリーム・アーツ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山本孝昭、以下 ドリーム・アーツ)は、本日、現場における協働を革新するWebデータベース ひびき(R)Sm@rtDB(ひびき(R)スマートDB)の最新版 ひびき(R)スマートDB ver.2.0を発表いたします。ひびき(R)スマートDBは、あらゆるビジネス現場で、情報の管理・統制と抜群の使いやすさを両立するエンタープライズWebデータベースです。ひびき(R)スマートDB ver.2.0は、データやファイルばかりでなく、業務の手順やフロー、ノウハウを含めた業務プロセス全体を共有することで、継続的な活用・改善による現場の業務の最適化を全社的に促進し、組織力の向上を支援します。

■現場のシステムを企業内で共有し、全体最適の実現を徹底支援
現場の非定型業務を補完するシステムは、拠点ごとに無秩序に構築・運用されることが多く、部分最適化を助長し、業務の進め方が統一されないという問題を抱えています。一方、日々変化し続けているビジネス環境に柔軟に対応するためには、継続的な改善を可能にするような仕組みが必要です。
ひびき(R)スマートDB ver.2.0は、現場のシステムを企業内に流通させる場であるIMP(インターナルマーケットプレイス)機能を新たに提供し、現場に蓄積されているノウハウや工夫を業務プロセス単位に集約して全社で共有することで、業務の標準化による全体最適の実現を強力に支援します。さらに、企業内にシステムの構築、流通、改善、再利用というサイクルを創出することで、恒常的な改善活動が促進され、システムを常に新鮮に保ちつつ現場の生産性を高めることも可能となります。

■業務遂行を支援する機能を強化し、さらに使いやすく進化
 ひびき(R)スマートDB ver.2.0は、現場のシステムを、文書、データベース、ワークフローなどの業務遂行に必要なツールに分類・整理し“業務アプリケーション(アプリ)”としてひとまとめに取り扱うことで、業務ノウハウ・プロセスの見える化と社内での流通を実現しました。“アプリ”が業務ナビゲーションの役割を果たすため、ユーザは業務の流れを一元的に把握し、漏れなく効率的に業務を進めることができます。また、“アプリ”の評価や「お気に入り」の登録をすることもできるため、人気や活用度から“アプリ”の浸透度を測ることができ、使い勝手のよさと管理運用の便利さの両立を実現しました。主な追加機能は次の通りです。

-IMP(インターナルマーケットプレイス)機能
 現場に蓄積された業務ノウハウを、業務プロセス単位で社内に流通・再活用することが可能になります。

-リアルタイムグラフ表示機能
業務の状況をあらゆる切り口からグラフ表示。日々の進捗や業務の状況が一目で把握できます。

-サブプロセス機能
 ワークフロー内に複数のプロセスを並行して設定することができ、複雑な業務にも柔軟に対応します。

-設計ドキュメント自動生成機能
 ワークフローの設計情報をそのまま設計ドキュメントとして印刷。メンテナンスの手間を大幅に削減できます。 

■発売日および価格について
 ひびき(R)スマートDB ver.2.0は、5月20日より発売を開始いたします。
ライセンス価格は、1000ユーザの場合、9000円(税抜)/1ユーザです。


■ひびき(R)スマートDB ver.2.0 の主な新機能
-IMP機能(業務アプリケーション機能)
-設計ドキュメント自動生成機能
-サブプロセス機能
-外部連携機能
-リアルタイムグラフ表示機能
-一覧表示印刷機能
-英語対応
詳しくは リンク をご覧ください。



ドリーム・アーツ 『INSUITE(R)Enterprise』について
ドリーム・アーツの『INSUITE(R)Enterprise』は、企業活動に必要な情報とコミュニケーションを整流化し、生産性を向上する「ビジネス・コックピット」をコンセプトとした大企業・大組織向け企業情報ポータル(EIP)型グループウェアです。一切のプログラミング無しでポートレット化できる世界初の「ノンプログラミングEIP」機能、複数のID/パスワードを集約しアクセスを効率化する強力な「シングルサインオン」機能、豊富なグループウェア機能に加え、堅牢なセキュリティ、直感的で使いやすいインターフェース、他システムと連携可能な拡張性を備え、日本最大規模のEIPとして日本郵政グループ(旧日本郵政公社)に採用されたほか、国内有数の大企業・大組織で、情報共有やナレッジマネジメントの基盤として活用されています。


ドリーム・アーツ 『ひびき(R)Sm@rtDB』について
『ひびき(R)Sm@rtDB』は、大規模組織のあらゆるビジネス現場で、情報の管理・統制と抜群の使いやすさを両立するエンタープライズWebデータベースです。きめ細やかなアクセス権限設定で高度なセキュリティを保ちつつ、直感的な操作性で誰もが簡単に作成、活用できる文書管理、データベースの添付文書まで検索可能なセキュアでパワフルな全文検索が、情報の蓄積・即時活用ができる環境を実現し、現場主導のリアルタイムな業務改善を促進します。さらに決裁から複雑な企画開発プロセスまで幅広く対応可能なプロセスエンジンを備え、業務や情報の流れるスピードと可視化を加速し、全社的な業務効率を飛躍的に向上します。




株式会社ドリーム・アーツについて
ドリーム・アーツは、1996年12月に設立されたeビジネスを支える多様な最先端ソリューションを企画・開発・販売する独立系ソフトウェア&コンサルティング・プロバイダです。“現場からの協働革新”をコンセプトに、現場力の強化を支援する企業情報ポータル型グループウェア『INSUITE(R)Enterprise』、新世代協業型業務支援システム『ひびき(R)』 などのソフトウェア製品事業をはじめ、システム開発・コンサルティング事業などITを基にした新しい価値を創造・提供することを通じて、社会の発展に貢献いたします。詳しくは、リンク をご覧ください。



<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社ドリーム・アーツ
〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-13-1 フジキカイ広尾ビル
マーケティング部 広報担当 竹田 紀子
TEL: 03-5475-2502 E-mail: pr@dreamarts.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事