logo

ユーザックシステム、WebサーバーやWebサイトの監視機能を強化したソフトウェア製品をリリース

ユーザックシステム株式会社(本社 大阪市中央区、代表取締役社長 宮原克昭)は、ブラウザ操作を自動化するソフトウェア「Autoブラウザ名人」の新バージョン(v3.4)を開発し、5月19日より発売を開始いたします。

「Autoブラウザ名人」は、取引先各社のWebEDIサイト(インターネットを利用した受発注システム)からの受注データのダウンロードやデータ入力など、ブラウザ操作が必要な業務を自動化するソフトウェアで、EDI業務のほか、様々なWebサイトへのアクセスやデータ送受信の自動化を実現。2004年の発売開始以来、上場企業から中堅中小企業まで約200本出荷しています。

新バージョン(v3.4)では、動画などのコンテンツを配信・運営する企業や一般企業向けに、コンテンツが停滞無く配信できているか、Webサーバーの稼働状況はどうかなどの監視を可能にするため、従来から有するマウスやキーボード操作の自動化機能に加え、新たに自動化手順の実行から完了までの経過時間を計測する機能を付加いたしました。

本機能により、ブラウザの起動からサイトへのアクセス、ボタンクリック、画面遷移などを経てコンテンツを起動するまでの経過時間を計測し、コンテンツが停滞無く視聴できているかどうか監視できるようになりました。しかも、無人監視でありながらエンドユーザーと同じ操作手順で監視を行うため、実際の使用状態に合致したリアルなレスポンスチェックが可能です。このため、有人監視にありがちなコスト負担やチェック品質の均一性などを問題視していた企業にも、高いコストパフォーマンスを実感していただけるサービスが実現いたします。

新バージョン(v3.4)の発売開始に先立ち、本機能を組み込んだ「Autoブラウザ名人」を、コンテンツ配信・運営企業2社に先行納入しています。
A社 : 動画配信サイトを運営。ストリーミング配信コンテンツのレスポンスチェックに活用
B社 : 資格取得支援サイトを運営。eラーニング教材(PDF)の起動チェックに活用


■「Autoブラウザ名人」これまでのご利用例(抜粋)
・A社(自動車部品メーカー): 自動車メーカーのWebサイトから受注データを自動ダウンロード
・B社(大手食品メーカー): 量販店、コンビニのWebサイトから受注データを自動ダウンロード
・C社(保険代理店): 保険会社のシステムと自社システムとのデータ連携を自動化
・D社(ECショップ): 大手ECサイトの管理画面での顧客管理を自動化
・E社(スポーツ用品卸): 量販店のWebサイトへ出荷データの入力などを自動化
など


■商品ご紹介ページ
リンク


■お問合せ先(営業時間 : 土日祝祭日を除く平日9~17時)
ユーザックシステム株式会社 リンク meijin@usknet.co.jp

東京本社:TEL.03-3523-0808(代)小ノ島(コノシマ)
大阪本社:TEL.06-6228-1383(代)大和(ヤマト)

このプレスリリースの付帯情報

Autoブラウザ名人 概要図

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。