logo

G空間サービス市場調査報告書「携帯G空間サービスの展望と課題」出版

調査会社ロアグループ社の出版レポート「携帯G空間サービスの展望と課題 - 拡張現実で次世代LBSへ」は、G空間サービスの携帯向け市場について調査し、関連市場の将来性について、考察しています。またビジネスモデルや日本の関連企業に関する情報も提供しています。

【目次】
エグゼクティブサマリー

1 G空間サービス概要
  1-1 G空間の定義
  1-2 G空間活用範囲
  1-3 経済産業省のG空間プロジェクト
  1-4 G空間と携帯電話の融合可能性
  1-5 G空間サービス支援技術
      1-5-1 インフラ系技術
      1-5-2 UI・デバイス系技術

2 UI技術概要
  2-1 MR定義
  2-2 Augmented Virtuality のUI可能性
  2-3 Augmented Reality のUI可能性

3 ビジネスモデル分析
  3-1 バリューチェーン
  3-2 携帯G空間サービスビジネスモデル
  3-3 拡張現実のインターネット化の問題
  3-4 ロードマップ

4 関連各社の現状取り組み
  4-1 NECマグナスコミュニケーションズ
  4-2 KDDI
  4-3 NTTドコモ
  4-4 ソフトバンクグループ
  4-5 大日本印刷

5 市場成長性
  5-1 市場規模
  5-2 将来性

6 インプリケーション

【図表目次】

図目次

[図1-1]G空間プロジェクトにおける地理空間情報の定義
[図1-2]LBSとG空間の情報量の相違
[図1-3]衛星測位を電波で補正するDGPS/位置情報取得イメージ
[図1-4]G空間サービスのビジネスモデル例
[図1-5]2013年におけるG空間サービスの市場予測(2008年、2013年)
[図1-6]携帯電話機を活用したG空間サービス技術分野
[図1-7]準天頂衛星による衛星移動通信システム
[図1-8]可視光通信の基本原理
[図1-9]IMESの概要
[図2-1]複合現実における拡張現実と拡張仮想の関係
[図2-2]3Gデータにおける複合現実のポジショニング
[図2-3]現実性の高い3Dコンテンツ例
[図2-4]マイクロソフトのLive search地図検索3D
[図2-5]セカイカメラの利用イメージ
[図2-6]ARToolkitのマーカーとその利用例
[図2-7]Fallen SREngineにおけるシーン識別例
[図3-1]G空間サービスの想定されるバリューチェーン分析
[図3-2]G空間サービスのビジネスモデル例
[図3-3]拡張現実のインターネット化の可能性
[図3-4]G空間サービスの推定ロードマップ
[図4-1]ポインティングアクセスプラットフォームを使った3D画像上での検索イメージ
[図4-2]実空間透視ケータイ
[図4-3]メガネ型ディスプレイを使った拡張現実の活用法
[図4-4]テーブルをディスプレイにしてカタログを表示する例
[図4-5]手元のノートをディスプレイにして動画を視聴する例
[図4-6]メガネ型ディスプレイを使った入力例
[図4-7]拡張現実を使った大日本印刷のルートガイドの例
[図5-1]G空間サービスの2015年までの市場規模予測(2009-2015年)

表目次

[表1-1]LBSの活用範囲


【調査レポート】
携帯G空間サービスの展望と課題
拡張現実で次世代LBSへ
リンク

【ロアグループ社について】
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

G空間サービスの2015年までの市場規模予測(2009-2015年)

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。