logo

関心空間、リクルートの通販サイト『eyeco Online Shop』と連携したECサイトをオープン ~ 『関心空間 meets eyeco』(http://eyeco.kanshin.com/) ~

厳選口コミメディアサイト『関心空間』(リンク)を運営する株式会社関心空間(本社 : 東京都渋谷区、代表取締役社長 CEO : 宮田正秀)は、株式会社リクルートが提供するライフスタイル通販サイト『eyeco Online Shop』(リンク)と連携したECサイト『関心空間 meets eyeco』(リンク)を5月8日開設します。

『関心空間 meets eyeco』は、『eyeco Online Shop』で扱っている“ココロとカラダに気持ちいい”商品約1,000点を取り揃えたECサイトです。リクルートが提供する商品情報API『eyeco WEB サービス』をベースに、価格帯別絞り込み機能や人気アイテムランキングなどの、関心空間独自の機能をマッシュアップしたつくりとなっています。

今回の『関心空間 meets eyeco』の企画の背景には、新しい情報の発見・発信が得意で、こだわりのある商品への購買意欲が高いという『関心空間』のユーザー像と、『eyeco Online Shop』で取り扱う商材との相性の良さ、という両社の認識があります。例えば、「ミネラルファンデーション」「オーガニック素材のご祝儀袋」「足裏ソープ」といった、こだわりを持った人気商品が、『関心空間』ユーザーの関心にマッチして、購買が促進されることが期待されます。

株式会社関心空間は、今回の取り組みを皮切りに、ユーザーの購買ニーズを満たすサービス強化をさらに進めると同時に、EC関連ビジネスの拡大を図っていくためにECサイトとのアライアンスを積極的に推進していきます。




■関心空間について

『関心空間』は、最近関心を持っている / 興味を寄せているモノやコトをみんなで投稿しあえるインターネット上のコミュニティメディアです。情報感度と発信力の高い約4万人の会員ユーザーが、自信を持っておススメできる ! というモノ・コトを厳選して日々投稿しています。2001年7月のサイトオープン以来、キーワード(口コミ記事)は累計約27万件に上り、高いSEO効果を活かし、常にデジタル、アートからエコロジー、スローライフまで、トレンドに敏感なユーザーのセンスを反映したメディア価値を発揮しています。

株式会社関心空間は1999年10月設立。情報コミュニティメディア『関心空間』による「インターネットメディア事業」と、『関心空間』のコアエンジンを活用した企業様向けコミュニティシステムの企画・開発・運用支援を行う「ソリューション事業」の二つの事業を展開しています。

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社関心空間 仮屋薗(かりやぞの)
e-mail:press@kanshin.com/tel:03-5774-7007/fax:03-5774-7008

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。