logo

あらゆる組み合わせで データ・情報 を活用する新製品 5/5リリース

株式会社ビーコンIT(登記社名:株式会社ビーコン インフォメーション テクノロジー、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:坂本 桂一)は、効果につながるシステムを迅速に構築するための現実的な解決策として【フロントエンドでつなぐ】技術を採用した新しいBeaconIT Data Empowerment Suiteを2009年5月5日にリリースしたことを発表しました。【BeaconIT Data Empowerment Suite for EUCデータ活用】、および【TimeCube Retriever】がバンドルされた 、【BeaconIT Data Empowerment Suite】をご利用のお客様は、同機能の無償アップグレードが可能です。(保守契約が有効に限る。新規購入も可能)。

カジュアルデータウェアハウスとして好評を博していた【BeaconIT Data Empowerment Suite for EUCデータ活用】が、ビーコンITのフロントエンドをつなぐ技術によって大きな進化を遂げました。

 有用なデータが蓄積されているにも関わらず、情報活用が進まないお客様、高額なBIツールのライセンスコストの負担が難しく利用拡張が進まずにいるお客様、そして、SaaSによる営業支援システムとERPパッケージをはじめとする基幹系システムを連動させた情報提供に課題を抱えているお客様に向けて、ビーコンITは現実的な解決策を提供致します。

BeaconIT Data Empowerment Suiteでは、それぞれのシステムの役割に沿ったデータを、その役割の範囲で抽出・加工することで、ガジェットと呼ばれるアプリケーションにより画面上に抽出データを展開することが可能です。さらに、フロントエンドでつなぐためのガジェット間のデータ連携機能が実装されているため、異なるアプリケーションを表示するガジェット間で、画面を経由してデータを引き渡すことが可能になります。これにより、顧客データから特定のデータを選択し、その顧客コードを営業支援システムに渡して商品購入履歴を見るような使い方を実現し、利用者視点でのシステム連携を可能に致します。

詳細は↓
リンク

価格は600万円からで、今年度10件の販売を目標としています。

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社ビーコンIT
企画部広報担当 須賀
TEL:03-3340-2621
E-Mail: kksuga@beacon-it.co.jp

《関連URL》
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。