logo

「Alibaba JAPAN」、株式会社ネットプライスドットコムと共同開発の「中国向けオンライン貿易サービス」を開始

株式会社ネットプライスドットコム、アリババ株式会社と共同開発の
「中国向けオンライン貿易サービス」開始のお知らせ



 株式会社ネットプライスドットコム(本社:東京都品川区、代表取締役社長 佐藤輝英、以下、ネットプライス社)とアリババ株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:香山誠、以下アリババ社)は共同で、日中間の貿易取引の際に発生する煩わしい手続きの全てをインターネット上の操作のみで完結する「中国向けオンライン貿易サービス」を本日より開始いたします。

1.業務提携の背景と目的
この度、ネットプライス社とアリババ社は、2008年11月11日に締結した業務提携に関する覚書に基づき、共同で「中国向けオンライン貿易サービス」の提供を開始いたします。両社は、「中国へ商品を卸したい日本企業」と「日本から商品を仕入れたい中国企業や個人事業主」を繋ぐため、アリババグループの持つ販売チャネルや会員ネットワークと、ネットプライスグループの持つ日本国内における商品調達ネットワークを連動させた貿易のマッチングサービスを構築してまいります。
 アリババグループはBtoBマッチングサイトの「阿里巴巴(アリババ)」において、中国国内に約3,000万会員、BtoC及びCtoCマーケットプレイス「淘宝网(タオバオ 以下、タオバオ)」に約1億2,000万の会員を保有しており、多くの企業や個人により商品の売買が活発に行われております。その流通額はタオバオのみで年間約1兆5,000億円となり(2008年度末現在)、約170万以上の出店企業や個人事業主は、日本商品を含む海外商品に対して高いニーズを持っております。タオバオ出店者の80.4%が海外からの輸入に興味を示し、希望する仕入国は、アメリカや韓国を抜いて日本が第一位であり、日本が最も注目されております。(2008年11月 タオバオ調べ)
 このような背景から、ネットプライス社では、日本国内における数多くのサプライヤー企業の橋渡しとして日本商品をアリババ社に供給し、アリババ社では、アリババグループの持つ販売チャネルや会員ネットワークとのマッチングを行います。中国企業は自らの「販売したい日本商品」を自由に選び、中国国内向けに販売することが可能となります。

2.中国向けオンライン貿易サービスの概要
 日中間で実際に取引を行う際には、複雑な決済手続きや為替リスク、国際物流の手配や通関手続きなどが売り手、買い手双方にとって大きな障壁となります。
 これらの障壁を解消するためにこの度、「国際間決済」と「国際物流」の手続きをインターネット上で完結することのできる「中国向けオンライン貿易サービス」の提供を開始いたします。両社のシステムを連携させた当サービスを利用いただくことで、中国の企業や個人事業主は、オンライン上で貿易取引業務を簡単に行うことが可能となります。
決済においては、従来貿易の際に発生する銀行間の信用状取引や、外国為替の取引など、国際間決済における複雑な手続きやリスクを負うことなく、オンライン上で決済手続きを行います。また、物流においては、国際発送における梱包や貿易書類の作成業務、通関手続きなど行うことなく、簡単な操作で、発注数量や製品特性に応じた配送手段を選択し、受注から配送までのフローをオンライン上で確認し、簡単に手続きを行うことが可能となります。
 このように、インターネットを活用し、オンライン上であらゆる貿易取引の手続きを行うことができるよう、今後は、日本のサプライヤー企業向けの新たな仕組みの開発にも取り組んでまいります。中国の買い手の利便性を向上させるとともに、日本の出店企業にとっての障壁も解消することで日中間の貿易取引拡大を実現します。

 ネットプライス社とアリババ社は、今後とも、急成長を続ける中国市場への参入を希望する日本国内メーカーおよび商社等との連携をより一層強化すると共に、商品の安全性・信頼性の面から日本商品に対して高いニーズを持つ中国国内の事業者・消費者に対して、日本からの商品をより簡単に購入できる仕組みを提供することで、インターネットを通じた日中間の架け橋を共に構築してまいります。

3.アリババ社について
 アリババ社は、2009年1月12日より日本の中小企業および個人事業主さまの海外進出を支援すべく「中国向け輸出支援サービス」(リンク)の提供を開始いたしました。サービス開始後、アリババ社は、中国企業の購入希望製品がわかる「購入リクエスト」コーナーの開設、サイト上でやりとりされる商談メールの翻訳サービス、圧倒的な低価格での物流サービスの提供を通じ、貿易にかかる障壁を軽減し、日本の中小企業や個人事業主の対中貿易促進をすすめております。

4.アリババグループ(阿里巴巴集団)について
 アリババグループ(阿里巴巴集団)は、企業間取引サイト「アリババドットコム」や、BtoC及びCtoCマーケットプレイスである「タオバオ」を運営する中国最大のインターネット企業です。「アリババドットコム」は1999年のサイト開設以降、中国国内で圧倒的なシェアを獲得するのみならず、世界規模で取り扱いを拡大し、ユーザー登録ID数約3,800万、240あまりの国・地域で利用されている世界最大規模のトレードサイトです。また、「タオバオ」は中国最大の消費者向けECサイトで中国国内80%のシェア占めております。また、検索サイト「Yahoo!中国」、決済サービスを提供している「アリペイ」、中小企業向けASPサービスを提供している「アリソフト」も擁し、インターネットを通じてトータルサポートを展開しています。

5.アリババ株式会社の概要
(1)商号 アリババ株式会社
(2)代表者 代表取締役社長 香山 誠
(3)本社所在地 東京都中央区日本橋浜町二丁目12番4号
(4)設立年月 2007年11月
(5)資本金 10億44百万円

6.株式会社ネットプライスドットコムの概要
(1)商号 ネットプライスドットコム (コード番号 3328 東証マザーズ)
(2)代表者 代表取締役社長 兼 グループCEO 佐藤 輝英
(3)本社所在地 東京都品川区北品川四丁目7番35号
(4)設立年月 1999年11月
(5)資本金 23億30百万円

■本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社ネットプライスドットコム 広報担当:中島       電話:03-5739-3350
アリババ株式会社      広報担当:安藤       電話:03-6892-0288

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事