logo

medibaと日経ネットマーケティングが協同で 「携帯電話の待受け画面等」に関するモバイルリサーチを実施 ~デコレーションメールの入手経路は、男性は予めインストールされているもの 女性は専門サイト・友人から~

株式会社 mediba(本社:東京都港区 代表取締役社長:塚田俊文 以下mediba)と日経BP社・日経ネットマーケティングは、medibaが保有するリサーチ専用会員を対象に、「携帯電話の待受け画面等」に関するモバイルリサーチを実施しました。

■調査概要
・調査方法:mediba 保有会員(au携帯電話ユーザー)に対してモバイルで調査
・調査対象:16~19歳、20代・30代・40代の男女
・調査目的:ケータイ利用実態を把握すると共に、利用者のデジタルインセンティブ※1(壁紙やデコレーションメールなどの無料提供)の利用実態やニーズを把握する。デジタルインセンティブを提供する会社への一助となるための基礎データを取得することを目的とする。
・調査地域:全国
・調査期間:2009年3月30日~31日
・有効回答数:510人(16~19歳:60名、20~40代まで各150人 ※男女半数ずつ)
※1:デジタルインセンティブとは着うた®・着メロ・待受け画面等のデジタルコンテンツが無料で提供されるサービス。


■「携帯電話の待受け画面等」に関する調査および結果要約

1.待受け画面とデコレーションメール素材の入手経路
待受け画面の入手経路は待受け専門サイトが最も高く、54.1%。続いて、メーカーサイト等の一般サイト、36.6%【全体ベース】。
デコレーションメールの入手経路は携帯端末にあらかじめインストールして使用しているものが最も高く、62.3%【全体ベース】。なお、男女間で差が生じており、男性は携帯にあらかじめインストールして使用しているものが高いのに対して、女性はデコレーションメール専門サイトや友人からもらうケースが高い傾向にある。
待受け画面及びデコレーションメールの素材を入手する際、16~19歳の女性は交換掲示板を多く利用している。


2.デジタルインセンティブの入手経験有無
会員登録や商品購入の際に待受け画面やデコレーションメール素材を無料で入手したことがある人の割合は75.9%。男女間(男性:72.5%、女性:79.2%)では若干であるが女性のほうが入手経験の割合が高い傾向にある。
入手経験者ベースでの待受け画面入手割合は87.9%、デコレーションメールは51.2%。
デコレーションメールは特に16~19歳の女性で突出して入手経験者の割合が高くなっている傾向にある。


3.企業のケータイサイトでのデジタルインセンティブの利用意向
自分のお気に入り待受け画面やデコレーションメール素材が企業のケータイサイトで提供された場合、待受け画面の利用意向は85.5%(男性:82.0%、女性:89.0%)、デコレーションメール素材の利用意向は60.4%(男性:44.7%、女性:76.1%)。


■調査内容
Q1.ケータイの購入時期      
Q2.一日のメール送信数
Q3.デジタルコンテンツの変更経験有無      
Q4.変更したことがあるデジタルコンテンツ
Q5.待受け画面の入手経路      
Q6.デコレーションメールの入手経路
Q7.会員登録等の際に無料デジタルコンテンツ入手経験
Q8.無料提供の入手利用意向


■株式会社 medibaについて
株式会社 medibaは、KDDI株式会社が提供するau携帯電話とPCが一体化したポータルサイト「au one」の企画・開発を核に、「au one」の広告事業を展開しています。「au one」を機軸に、au携帯電話の機能を包括的に活用したソリューションの提供によって企業のマーケティング活動をサポートする、さまざまなサービスを提供しております。

関連情報
http://www.mediba.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。