logo

消費者向けネットワークストレージ市場は、より高容量のモデルへの移行で成長

米国の調査会社インスタット社は出版レポート「世界の一般ユーザ向けネットワークストレージ市場調査:市場概況、技術、米国ユーザ調査 - Global Consumer Network Storage: Say Goodbye 500GB, Hello 2TB」のプレスリリースにおいて、世界の消費者向けネットワークストレージ市場は、2008-2013年には市場は年平均成長率32%で成長するという予測結果を発表しました。

【プレスリリース日本語訳】
消費者向けのネットワークストレージ市場の成長は、2008-2009年にかなり減速している。しかし、米国調査会社インスタット社の5年間の市場予測では、市場は堅調な潜在力を保っていると報告している。世界の消費者ネットワークストレージ市場は、2007年には非常に大きく成長したが、2008年の成長率は大きく下落して24%となった。2008-2013年には、世界市場は年平均成長率32%で成長すると予測している。

「市場全体は成熟しているが、より高い容量のモデルへの移行によって成長が続いている。1.5TB以上のセグメントは、CAGR100%を上回る非常に大きな成長が予測されている」と、インスタット社のアナリストJoyce Putscher氏は語る。

インスタット社は、下記についても調査した。
■ DLNAと遠隔アクセスは、急速にコアな機能になってきている
■ 北米の消費者調査で、ネットワークストレージ所有者の約半分がデジタル音楽再生のために使用し、4分の1以上がデジタルビデオに使用すると回答した
■ 2008-2013年に最も大きく成長するのは、EMEA(欧州、中東、アフリカ)市場と予測している。

インスタット社の調査レポート「世界の一般ユーザ向けネットワークストレージ市場調査:市場概況、技術、米国ユーザ調査 - Global Consumer Network Storage: Say Goodbye 500GB, Hello 2TB」は、世界市場の、NAS、SAN、NDAS、Windows Home Serverプラットフォームなどの消費者向けネットワークストレージを調査している。2013年までの容量毎、価格帯毎、地域毎、有線/無線LAN接続毎の消費者向けネットワークストレージ予測、世界のベンダの市場シェア、市場傾向・技術傾向・プロセッサの詳細な分析、主要なベンダの製品ライン・モデル・機能などの詳細なベンダマトリクス、ベンダ毎のブランドのメディアサーバ利用と独自のUPnPサーバ利用、国内外の消費者調査等を記載している。

【調査レポート】
世界の一般ユーザ向けネットワークストレージ市場調査:市場概況、技術、米国ユーザ調査
Global Consumer Network Storage: Say Goodbye 500GB, Hello 2TB
リンク

インスタット (In-Stat)について
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。