logo

オプトエレクトロニクス、センサ、パワーディスクリートの販売が劇的に回復

2009年は下落するものの、多くのO-S-Dカテゴリが2010-2011年に新記録を達成するだろう

米国の調査会社ICインサイツ社は出版レポート「OSD市場調査 2009年 :オプトエレクトロニクス、センサ、ディスクリート半導体市場分析・予測 - OSD Report 2009」のプレスリリースにおいて、O-S-D(オプトエレクトロニクス、センサ、ディスクリート)市場は、今後5年間は半導体収益より高いCAGRを保ち、2013年までは全半導体販売の17%を占めるという予測結果を発表しました。

【プレスリリース抄訳】
2008年末の悲惨な数ヶ月にもかかわらず、オプトエレクロニクス、MEMSベースの加速度計、CMOSイメージセンサ、パワートランジスタの半導体販売と、ディスクリート装置全体は、記録的に高かった昨年の収入レベルに戻るだろうと、米国の半導体専門調査会社ICインサイツ社の調査レポート「OSD市場調査 2009年:オプトエレクトロニクス、センサ、ディスクリート半導体市場分析・予測」は報告する。2009年の大きな落ち込みの後、これらの半導体市場と製品カテゴリーは、2年後には回復し、新しい記録的な販売をうちたてるだろう。

2008年、主要な半導体不況が始まったにもかかわらず、O-S-D販売の合計は430億ドルの空前の販売額を記録した。この調査レポートは、2008年のO-S-D市場は、半導体市場収益全体の16.4%を占めていたと報告している(図1)。多くの光エレクトロニクスやセンサ製品の貢献により、O-S-D収益の成長率は半導体販売を上回っている。O-S-D市場は、今後5年間は半導体収益より高いCAGR(年平均成長率)を保ち、2013年までは全半導体販売の17%を占めるだろう。2008-2013年のO-S-D販売はCAGR7%で上昇するだろうが、半導体全体は6%だろう。

【調査レポート】
OSD市場調査 2009年 :オプトエレクトロニクス、センサ、ディスクリート半導体市場分析・予測
OSD Report 2009
A Market Analysis and Forecast for Optoelectronics, Sensors, and Discretes
リンク

ICインサイツ社(IC Insights)について
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

OSDと主要ICセグメントの市場シェア 2008年

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。