logo

ブロードバンドハードウェア市場の最悪の年の下降の四半期

米国の調査会社インフォネティクスリサーチ社は、世界のブロードバンドアグリゲーションハードウェア市場に関する調査レポートを刊行しました。

カリフォルニア州キャンベル、2009年3月9日
米国調査会社インフォネティクスリサーチ社の調査レポート「ブロードバンドアグリゲーションハードウェアと加入者」の2008年第4四半期出版号が注目しているのは、下記のとおりである。

[主任アナリストJeff Heynen氏の注目点]
世界のブロードバンドサービスの需要は成長しているが、ブロードバンドアグリゲーションハードウェアの市場の減退は間違いない。現在の不況と加入者の嗜好がモバイル接続へと変化していることから、北米やEMEA(欧州、中東、アフリカ)の成熟市場における加入者増加は減速し、2010年のPONの開始によるDSL技術の大幅な移行もまた、この10年間順調に成長してきた市場を下降に向かわせるだろう。FTTNやFTTCなどの光ファイバーの大量採用は、VDSLポートの成長を促進するだろうが、全体的な下降傾向を止めることはできないだろう。
(中略)

[調査レポートの概要]
インフォネティクスリサーチ社の調査レポートは、MSAP、次世代DLC、ATM、IP DSLAM、ポート(ADSL、G. SHDSL、VDSL、PON OLT、イーサネットOLT、DS0)、DSL加入者(ADSL/ADSL2+、VDSL/VDSL2、G. SHDSL)の、世界と地域毎の市場シェア、市場規模、分析、2013年までの市場予測を記載している。アドホックのデータ比較や図表を分析するために、簡単にカスタマイズできるピボットテーブルを掲載している。

調査対象企業は、ADTRAN、Alcatel-Lucent、Allied Telesis、Calix、Ciena、Corecess、Dasan Networks、ECI、Enablence、Ericsson、富士通、Huawei、Iskratel、Millinet、Motorola、日本電気、Nokia Siemens Networks、Occam Networks、Samsung(三星)、住友、Tellabs、Tellion、UTStarcom、Woojyun、Zhone、ZTE、ZyXELなどである。

◆調査レポート
ブロードバンドアグリゲーションハードウェアと加入者
リンク

◆米国インフォネティクスリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。