logo

カメラ映像から侵入者などの動体を検知して自動で追尾する自動追尾ユニット「AlertEye」の販売開始 - 初期投資を抑え既設のアナログ式監視カメラでもセキュリティ強化を実現 -

NECシステムテクノロジー株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役執行役員社長:今泉 澄夫、以下:NECシステムテクノロジー)は、このたび、防犯カメラ等の撮影映像を解析し、侵入者の自動追尾や物品の置き去り/持ち去りの発見をする、カメラ接続タイプの自動追尾ユニット「AlertEye(アラートアイ)」を開発、3月2日より販売を開始いたします。

安全で安心な社会の実現に向け、監視カメラによるセキュリティ強化のニーズが益々高まっています。しかしながら大規模な公共施設などでは、数百台に上る監視カメラ映像の監視が必要となるなど、監視業務の負荷は増大するばかりです。AlertEyeは、監視カメラによる撮影と同時に映像を解析して、人や車両などの動体を検知、さらに、自動で対象を追尾してズーム表示を行うなど、監視精度の向上と監視業務の負荷を軽減します。また、AlertEyeは、既設のアナログ式防犯カメラにも導入できるため、初期投資を抑え安価にセキュリティ対策の強化を実現します。

 AlertEyeの主な特長は以下の通りです。

1. 屋内/屋外を問わず、不審者や車両の動きを検知して自動的に追尾
 画像解析エンジンは、人もしくは車両の形のみを認識し、小動物や風雨による動きは排除しますので監視場所は屋内/屋外を問いません。検知後は、不審と思われる人や車を標識としてカメラを制御することにより、自動的に対象を追尾し、クローズアップさせることが出来ます。
2. 不審物の置き去りや物品の持ち去りを自動的に検知
 記録された映像との差分を解析することにより、不審物の置き去りや、物品の持ち去りを検知することが可能です。
3. アナログ映像や赤外線カメラ映像にも対応可能
 画像解析エンジンによる自動追尾や自動検知機能は、デジタル映像のみならず、アナログ映像や赤外線カメラ映像についても可能であり、さらに光度の低い夜間の映像の解析も可能です。

 自動追尾機能を実現する画像解析ソフトを含めた1ユニットあたりの価格は378,000円(税込)となります。また、画像解析ソフトウェアのみのライセンス販売もいたします。

 NECシステムテクノロジーは、今後3年間に、AlertEyeを中心とした映像監視ソリューションで10億円の売上を見込んでいます。

 NECシステムテクノロジーは、AlertEyeを中心とした映像監視ソリューションを始め、オフィスや店舗、公共施設などを守るセキュリティシステム導入にあたってのコンサルティングから運用保守まで、トータルなソリューションを展開し、安全で安心な社会の実現にITで貢献して参ります。

以上

このプレスリリースの付帯情報

ハードウェア構成例

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

(注1) AlertEyeは当社の商標です。

関連情報
http://www.necst.co.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事