logo

【GMOグローバルサイン】証明書販売システムを大幅リニューアル~お客様の利便性を大きく向上~

GMOインターネットグループ 2009年03月27日 13時00分
From PR TIMES

2009年3月27日
報道関係者各位

GMOグローバルサイン株式会社
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      証明書販売システムを大幅リニューアル
        ~お客様の利便性を大きく向上~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 GMOインターネットグループのGMOホスティング&セキュリティ株式会社の連結子会社で、電子認証サービスを展開するGMOグローバルサイン株式会社(以下、GMOグローバルサイン)は、3月30日(月)に、証明書販売システムの大幅なニューアルを実施いたします。このリニューアルによって、電子認証サービスの申請において、お客様にとっての利便性が大きく向上します。

【証明書販売システムのリニューアル内容】
1.申請プロセスのオンライン化を推進
2.GSパネルへの統合を推進
3.更新メリットの充実
4.テスト証明書(検証用)発行機能

----------------------------------------------------------------------
1.申請プロセスのオンライン化を推進
----------------------------------------------------------------------
 これまで書類の提出が必須だった申請プロセスを、大幅にオンライン化いたします。第三者データベースの企業情報が利用できる場合などは、コードサイニング証明書やPDF文書署名用証明書においても、登記簿謄本などの書類を提出せずに申請が可能となります。
※企業情報やドメイン保有の情報などがオンラインで確認できない場合は、書類の提出が必要となります。
----------------------------------------------------------------------
2.サービスのGSパネルへの統合を推進
----------------------------------------------------------------------
 これまでSSLサーバ証明書に限って提供していたGSパネルに、SSL以外のサービス、PDF文書署名用証明書やコードサイニング証明書、クライアント証明書(海外のみ提供)も統合されます。これにより、1つのお客様アカウントで、Global Sign全サービスの管理がGSパネルで一元化できるようになり、利便性が大幅に向上します。
※直販のみ。
----------------------------------------------------------------------
3.更新メリットの充実
----------------------------------------------------------------------
 全てのサービスがGSパネルに統合されたことにより、GSパネルから簡単に証明書の更新ができるようになります。これにより、1ヶ月のボーナス期間追加や証明書の残期間が無駄にならずに更新が可能となります。
----------------------------------------------------------------------
4.テスト証明書(検証用)発行機能
---------------------------------------------------------------------
 これまでSSLサーバ証明書に限って提供していた、検証用のテスト証明書がSSL以外のサービスでも利用できるようになります。まずはPDF文書署名用証明書のトライアル証明書発行機能から提供開始いたします。
※コードサイニング証明書など、その他のサービスにつきましては今後順次、開発・提供予定。

差別化が難しいとされる電子認証サービスの分野において、GMOグローバルサインは、お客様の利便性向上となる高付加価値サービスの開発を推進し、GlobalSignをお選びいただくメリットを追求してまいります。

▼GlobalSign
URL:リンク

----------------------------------------------------------------------
◆GlobalSignとは
 世に電子認証サービスが登場し始めた初期の段階より、ベルギーで10年以上にわたって電子認証サービスの提供を行ってきた認証局です。ベルギー政府関連機関への数多くの実績を持ち、eID※(BELPIC)をはじめとするベルギー電子政府プロジェクトの最上位認証局である、ベルギー政府認証局への認証を行っております。2006年にGMOインターネットグループ傘下となり、政府レベルのセキュリティを、日本をはじめワールドワイドに販売展開しております。
※eID:ベルギーの電子政府プロジェクトの一環として始まった国民ID カードプロジェクト。12歳以上のベルギー全国民に対して電子証明書入りのIDカードが配布される。
----------------------------------------------------------------------
■主な実績:(数値は累積発行数)
・10万枚以上のSSLサーバ証明書発行実績
・140万枚を超える電子証明書発行実績(個人向けデジタルID・ウェブサイト・ICカード向けなどを全て含む)
・合計2,000万枚以上の証明書発行実績を持つパブリックルート認証局(下位認証局からの発行含む)
・政府関連機関をはじめとするベルギー官公庁・大手企業への数多くの納入実績

■主なプロフィール:
・ヨーロッパで初めてWebTrustを取得した認証局
・CABF(CA/Browser Forum)メンバー
 日本ではGMOグローバルサイン(旧日本ジオトラスト)がJCAF(日本電子認証協議会)のメンバーとして参加
・Anti-Phishing Working Groupメンバー

----------------------------------------------------------------------
【サービスに関するお問い合わせ先】
◆GMOグローバルサイン株式会社 広報担当 飯島
TEL:03-5728-1551  FAX:03-5728-1552  E-mail:pr@globalsign.co.jp
----------------------------------------------------------------------
【報道関係お問い合わせ先】
◆GMOホスティング&セキュリティ株式会社  経営企画室 広報担当 加藤
 TEL:03-6415-6100  FAX:03-6415-6101  E-mail:pr@gmo-hs.com

◆GMOインターネット株式会社 グループ広報部 細田・石井 
TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611 E-mail:pr@gmo.jp
----------------------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【GMOグローバルサイン株式会社 会社概要】
会社名GMOグローバルサイン株式会社 
所在地東京都渋谷区桜丘町20番1号 渋谷インフォスタワー
代表取締役社長 中條 一郎
事業内容  ■情報セキュリティ及び電子認証業務事業
資本金3億5,664万円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【GMOホスティング&セキュリティ株式会社 会社概要】
会社名GMOホスティング&セキュリティ株式会社 
 (東証マザーズ 証券コード:3788)
所在地東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表取締役社長青山 満
事業内容  ■ホスティングサービス事業
      ■セキュリティサービス事業
資本金9億745万円(2008年12月末現在)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※GMOグローバルサイン株式会社は、2008年12月16日をもって社名変更
 いたしました。(旧社名:グローバルサイン株式会社)

以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事