logo

スカイアーチ、スタートアップ企業にサーバー環境を無償提供 4月1日より「インキュベーションサービス」開始

~ベンチャー企業の創出をワンストップで総合的に支援、そのアイデアを経済再生の力に~

ITアウトソーシングを提供する株式会社スカイアーチネットワークス(本社:東京都港区三田、代表取締役社長:江戸 達博、以下「スカイアーチ」)は、ベンチャー企業の創出を支援するため、サーバー環境を1年間無償提供する「インキュベーションサービス」を2009年4月1日(水)より開始することを発表しました。各種開発支援メニューとあわせ、最大13ヶ月と2週間の無償利用が可能となります。ITインフラをすべてお任せいただくことでスタートアップ時の人的、資金的なリソース不足をサポートし、事業計画の具現化に専念できる環境を提供します。

■「インキュベーションサービス」概要
サーバー/ネットワークの構築・運用・保守をすべてお任せいただける「プロアクティブ・ホスティング」をベンチャー企業や新規の事業部等に対し1年間無償で提供します。サーバーやネットワークの知識がなくとも、ビジネスに必要なインフラの構築・運用・保守をお任せいただくことができます。
初期費用:無償(←96,600円~)
月額費用:無償(←44,100円~×12ヶ月分)

■期間
募集期間:2009年4月1日(水)~※受付後、随時審査を実施(1週間程度)
提供期間:1年間

■対象企業
以下の(1)~(4)のいずれかに該当する企業・事業部が対象となります。
(1)e-Businessを運営する企業・事業部
(2)ITが経営上不可欠である企業・事業部
(3)SaaS、APSの事業を新規に開始する開発会社
(4)ITが経営上不可欠である産学連携組織

■参加条件
以下の(1)~(4)を満たすことが条件となります。
(1)設立3年未満の企業・事業部
(2)非上場
(3)資本金1億円未満 ※創業2年を超える企業については「決算書」をご提出ください。
(4)スカイアーチの審査に通過すること ※「事業計画書」、創業1年を超える企業は「決算書」をご提出ください。

■その他の開発支援メニューについて
新規でビジネスを開始する企業に対し、ITインフラをワンストップで提供できる環境を「開発支援メニュー」としてご用意しています。無償でスカイアーチのプロアクティブ・ホスティングを最大13ヶ月と2週間ご利用いただけます。「インキュベーションサービス」を除き、審査はなく、幅広いニーズに対応します。

計画>開発支援メニュー:検証環境提供(最大2週間)
コンテンツ開発>開発支援メニュー:開発環境提供(最大1ヶ月間)
サービス開始後>開発支援メニュー:インキュベーションサービス(1年間)

■「インキュベーションサービス」の目的
IT技術の発展により、世界中で生活や仕事を変えていくような革新的なサービスや製品が、毎日のようにリリースされるようになりました。一方で、2005年の新興市場バブルの崩壊以降、市場のベンチャー企業への関心は低下し、更に昨年からの経済不安が追い討ちをかけ、良質なサービスや製品のアイデアが誕生しても、ビジネスに結びつきづらい社会状況となっております。しかしながら、経済の復興にはイノベーションが不可欠であり、イノベーションと親和性の高いITは、これに大きく貢献する可能性を秘めています。


スカイアーチは2001年に創業し、ホスティング事業者として、革新的なビジネスモデルを有するベンチャー企業のインフラ周りのお手伝いをさせていただき、お客様の成長とともに、事業を着実に拡大させてまいりました。今回のサービスは、スタートアップ時の人的、資金的リソース不足を、ホスティング環境の提供という形で、良質なサービスや製品をビジネスとして確立させる支援を行い、将来の顧客を獲得すること、さらには互いにパートナーシップを築き成長することで、IT市場全体の活性化に寄与することを目的としています。

今後もスカイアーチは、ホスティング事業者の立場から、IT業界全体の発展に貢献する活動を積極的に展開し、人と人との豊かなコミュニケーションをはぐくむビジネスを支援してまいります。


■リリースに関するお問い合わせ
株式会社スカイアーチネットワークス マーケティング担当 松倉
TEL:03-5444-7300/FAX:03-5444-7355/E-mail:info@skyarch.net/URL:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。