logo

「2009年カー・オブ・ザ・イヤー」に輝いた日産GT-Rの設計と エンジニアリングにシーメンスPLMソフトウェアのテクノロジが寄与

~日産GT-R、米国Motor Trend誌の「2009年カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞~

シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットであり、
製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて
世界をリードするPLMプロバイダである、シーメンスPLMソフトウェアは
本日、米国Motor Trend(R)誌の「2009年カー・オブ・ザ・イヤー
(Car of The Year)」に輝いた日産GT-Rのデジタル設計、解析、
製品データ管理(PDM)にシーメンスPLMソフトウェアの
ソリューションが活用されていたと発表しました。

Motor Trend誌のカー・オブ・ザ・イヤーは、Motor Trend誌の
編集者がオフロード、オンロード、トラックの各部門で広範な
テストを実施し、ドライビング性能、安全性、機能を評価して
決定されます。この賞は、クラス最高の価値と優位性を持ち、
新車開発に大きな進展を遂げた自動車に贈られます。

シーメンスPLMソフトウェアは、自動車・輸送機器業界に
PLMソフトウェアと関連サービスを提供している
リーディングプロバイダであり、日産自動車にとって極めて
重要なパートナーとなって、同社の基幹業務プロセスの
改善に資する各種PLMソリューションを提供しています。
日産GT-Rの製品開発にはNX(TM) I-deas(TM)、
製品データ管理にはTeamcenter(R)が適用されています。
日産の全車種のデジタル設計とデジタル・プロトタイピングに
シーメンスPLMソフトウェアのデジタル製品開発ソリューションを
世界中で使用しています。また、世界中のコラボレーションの
バックボーンにシーメンスPLMソフトウェアの
主力PLMポートフォリオであるTeamcenterを使用しています。
シーメンスPLMソフトウェアは早期の製品ポートフォリオ計画から
製品の開発、製造、廃棄に至るまで、自動車・輸送機器業界に
求められるPLMテクノロジの規範を確立してきました。

「自動車業界では、製品開発からすべての無駄を排し、
企業全体を効率化させる必要性をよく認識しています。
日産などの大手自動車メーカーでは、高品質でパフォーマンスの
高い自動車をタイムリーに市場投入するためには
PLMソフトウェアのパワーが必要であるとの認識が高まっています。
イノベーティブな設計とPDMソフトウェア・ソリューションを
日産に提供していることは当社の誇りであり、今回日産が
栄えある賞を受賞されたことは大変喜ばしいことです」と、
シーメンスPLMソフトウェアのグローバル・マーケティング担当
エグゼクティブ・バイスプレジデントのDave Shirkは述べています。

Motor Trend誌のカー・オブ・ザ・イヤーの各ノミネート車は、
優位性(エンジニアリング、テクノロジ、設計、リソースの活用、
安全性、パッケージングにおける革新性)、重要性(クラス最高の
ダイナミクスとパフォーマンス、新たなレベルの品質と完成度)、
そして消費者価値の3つの必須基準に照らして評価されます。
日産GT-Rはこの賞の14のノミネート車から選出されました。

2008年にMotor Trend誌のカー・オブ・ザ・イヤーとスポーツ/
ユーティリティ・オブ・ザ・イヤーを受賞したいずれの自動車にも
シーメンスPLMソフトウェアのテクノロジが使用されていました。
また過去10年間にMotor Trend誌のカー・オブ・ザ・イヤー、
スポーツ/ユーティリティ・オブ・ザ・イヤー、トラック・オブ・ザ・イヤーに
輝いた自動車の80%以上にシーメンスPLMソフトウェアの
設計ソリューション、解析ソリューション、製品データ管理
ソリューション、デジタル・マニュファクチャリング・ソリューションが
使用されています。

シーメンスPLMソフトウェアについて
シーメンスPLMソフトウェアは、
シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットで、
PLM(製品ライフサイクル管理)ソフトウェアおよび関連サービスに
おいて世界をリードするPLMプロバイダです。
これまで世界5万6,000社のお客さまにサービスを提供し、
590万ライセンスにおよぶソフトウェア販売実績を上げています。
米国テキサス州プラノを本拠地として、数多くの企業と協働して、
豊富なアイデアをヒット製品に変えるオープンなソリューションを
提供しています。シーメンスPLMソフトウェアの製品やサービスに
関する詳細はwww.siemens.com/plmにてご覧いただけます。

シーメンス産業オートメーション事業部について
シーメンスインダストリーセクターに属する
シーメンス産業オートメーション事業部(ドイツ・ニュルンベルク)は、
オートメーション・システム、低圧制御機器、産業用ソフトウェアの
分野で世界をリードしています。製造・加工業界向けの標準製品から、
自動車生産設備や化学工場全体の自動化を含む全産業、
全システムに向けたソリューションまで、その取り扱い品目は
多岐にわたっています。産業オートメーション事業部は
業界屈指のソフトウェア・サプライヤとして、製品の設計、開発、
製造、販売、各種保守サービスに至るまで、製造企業の
バリューチェーン全体を最適化します。
シーメンス産業オートメーション事業部は全世界で
約42,900人の従業員を擁し、2008年度の総売上高は
87億ユーロ(予備的数値で未監査)を達成しています。

注意:SiemensおよびSiemensのロゴは、Siemens AGの登録商標です。
NXおよびTeamcenterは、米国およびその他の国における
Siemens Product Lifecycle Management Software Inc.
またはその子会社の商標または登録商標です。
その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ
各所有者に帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事