logo

国連条約機関や地方自治体もSaaSを利用する時代に 国際熱帯木材機関(ITTO)や静岡市でSaaS提供CMSを利用したリニューアル

関係者各位
プレスリリース 2009年3月25日
株式会社ディバータ
===================================
国連条約機関や地方自治体もSaaSを利用する時代に
国際熱帯木材機関(ITTO)や静岡市でSaaS提供CMSを利用したリニューアル
===================================
SaaS提供のCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)のRCMSで国際熱帯木材機関(ITTO)のサイトがリニューアルされた。
また、静岡市食の安全・安心ホームページ「たべしずねっと」もRCMSを利用し
てリニューアルされた。

国際熱帯木材機関(ITTO)は日本に唯一本部のある国連条約機関です。
リンク

静岡市食の安全・安心ホームページ「たべしずねっと」
リンク

RCMS
リンク

※RCMSは独立行政法人 情報処理推進機構の2008年度中小企業経営革新ベンチャ
ー支援事業に採択されています。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■国際熱帯木材機関(ITTO)のサイトリニューアル
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
国際熱帯木材機関(ITTO)では今回のサイトリニューアルにより、これまで以上
の利便性を備えたサイト運営システムをコストを抑えて構築、運営を行っていく
ことが可能になりました。
一部、カスタマイズが入っておりますが、ほとんどRCMSのデフォルトの機能で
サイト構築を完成させることができました。

現在は英語、フランス語、スペイン語、日本語の4ヶ国語を扱うグローバルサイ
トを承認ワークフローなどを活用して、運用していただいております。

RCMSは単に各国の言語を扱えるというだけでなく、コンテンツを多国語で公開
していくというグローバルサイトの構築に標準対応しており、情報処理推進機
構の2008年度中小企業経営革新ベンチャー支援事業の採択を受けて研究開発が
進められてきました。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■静岡市食の安全・安心ホームページ「たべしずねっと」のリニューアル
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
「たべしずねっと」は静岡市の職員の方が初期構築からデザイン、コンテンツ
の作成、運営まで全て行い、大幅なコストの削減を実現しております。

通常、CMSを使ったサイト構築はサーバ代などのハードウェア費用からCMSのソ
フトウェア費用、制作費用など数百万円~数千万円の多額のコストがかかりま
す。今回の「たべしずねっと」のリニューアルでは、SaaS提供のCMSであるRCMS
を利用することで、初期費用4万円のみでサイト構築を実現しました。

オープンソースのCMSを利用しても、サーバレンタル代やオープンソースの理解、
習得コストを考えると割安なコストになっております。

RCMSは全ての作業がWEB上から構築でき、また操作も簡単な為、専門知識がない
職員の方でもサイトの構築が可能でした。

今後まだ使っていない機能の活用やデザインの変更なども、随時できるので、
サイト運営をしていきながらさらにサイトのバージョンアップを図っていくこ
とが可能になっています。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■様々な場面で利用が進むSaaS提供のCMS
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
SaaSを利用することのメリットとして、以下のようなものが挙げられます。

・最初から仕様の定義をしなくてもよい
・セキュリティ対策や不具合のアップデートをサービス提供側に任せられる
・常に最新版のソフトウェアを利用できる
・コストを削減できる

その他にも、1から開発する場合には諦めないといけない機能や管理画面のユ
ーザーインターフェースが完成されていたりと様々な利点があります。

これまではCMSでのサイト構築といえば「CMS」というパッケージを利用したシ
ステム開発に近い形態が多かったのですが、最近は、ASP(SaaS)でCMSを提供
するベンダーも増えてきており、SaaS提供CMSを利用したサイト構築の事例な
ども増えてきております。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■オープンソースCMSとSaaS提供CMSの比較
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
オープンソースを利用したサイト構築の場合はセキュリティの問題やサーバ代、
何かあった場合に対応できるだけのシステムへの理解が必要になってきます。
逆に、その組織内にそれだけの能力のある人がいれば、間違いなくオープンソ
ースを利用した方がコストは削減できます。
ただし、その人がその組織にいる間だけですが。。

SaaSを利用した場合は、専門的な知識が必要な箇所はSaaSサービス提供側に任
せることが可能であり、社内に専門家がいなくてもサービスの活用が可能です。
また、常に最新のシステムを利用できるので、例えば、Googleサイトマップの
バージョンアップへ対応したり、新しく出てきたデバイスへの対応をサービス
提供者側に任せることが可能になり、サイト運営にのみ注力していくことが可
能になります。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■サイト
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
RCMSの詳しい説明、お申込みはこちら
リンク

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■用語説明
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
[CMS]
コンテンツマネージメントシステム(CMS:Content Management System)は、テキ
ストや画像などのデジタルコンテンツを統合的に管理し、配信など必要な処理
を行うシステムの総称。コンテンツ管理システムとも呼ばれる。

[SaaS]
Software as a Service(SaaS、サーズ)とはソフトウェアをサービスとして
提供するソフトウェア販売の新しい形である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

=====================================================================
■株式会社ディバータ概要:
会社名 : 株式会社ディバータ
本社 : 〒162-0843 東京都新宿区市谷田町2-17 八重洲市谷ビル10F
代表者 : 加藤 健太
設立 : 2005年1月27日
資本金 : 2000万円
URL : リンク

――――――――――――――――――――――――――

■お問い合わせ
株式会社ディバータ 担当 : 福田
お問合せフォーム : リンク
E-Mail : info@diverta.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

関連情報
http://www.r-cms.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。