logo

GPS向け半導体

米国の調査会社ABIリサーチの市場調査レポートが3月に刊行予定です。

消費者向けのGPS対応ポジショニングとナビゲーションというモバイルデバイスアプリケーションの登場と発展が、GPS向け半導体サプライヤに大きなビジネスチャンスをもたらしており、多数の新規参入企業を魅了してもいる。競争の激化により、大規模で豊富なリソースをもち、垂直と水平に統合された半導体サプライヤと争わなければならない小規模のGPSチップセット専門のサプライヤに圧力がかかっている。この分野では、地位が確立したICベンダがGPS IPを必要とする一方、小規模企業が製品を拡充して競争力を維持するために提携を望んでいるため、企業の合併吸収の増加が著しい。

米国の調査会社ABIリサーチの調査レポート「GPS向け半導体」は、GPS市場の9つのセグメントについて、半導体出荷台数の現在までの実績と、2014年までの予測を行っている。GPS向け半導体のエコシステムを詳細に記載し、主要なチップセットの設計、パッケージングとメーカーの要因を分析している。また、GPSアプリケーションの現状の評価、ビジネスチャンスの特定、技術の限界と市場リスクの査定を行っている。23社の主要なGPS向け半導体サプライヤをプロファイルし、重要な業界の連携と製品の動向を記載している。

◆調査レポート
GPS向け半導体:IC、チップセット、モジュール、技術開発、ビジネス要因
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事