logo

新しいリモートコントロールエンジン『BlastSock 2.0』を発表 (日本エヴィクサー)

日本エヴィクサー株式会社 2009年03月12日 10時00分
From ValuePress!

報道機関各位
パッケージソフトウェア開発会社各位
ASP運営会社各位
プレスリリース

2009年3月12日
日本エヴィクサー株式会社
代表取締役社長 瀧川 淳

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本エヴィクサー株式会社
新しいリモートコントロールエンジン『BlastSock 2.0』を発表
リンク
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
おかげさまで、弊社は2009年3月12日で設立五周年を迎えました。

弊社は、創業以来、リモートコントロールの関連サービスを提供し
てまいりました。その間、全工程にわたって自社内でコーディング
からパッケージ製品化、サービス運営までを行い、できるだけお客
様へ直販させていただく販売チャネルにこだわって、お客様のニー
ズを徹底して収集してまいりました。
使いやすさと簡単設定を重点に取り組んだ結果、店舗のリモート管
理、パソコン教室等でのリモート講習から、コールセンタでのリモ
ートサポートや、サーバや業務システムに組み込む形でのリモート
監視など、個人の方から大企業まで様々な用途にご活用いただき、
おかげさまで累計2,500ユーザー(2009年1月31日現在)の方にご利
用いただいております。
そして、この度記念すべき五周年の節目に、その成果として、コア
エンジンのバージョンアップとなる「BlastSock 2.0」をリリース
いたします。

「BlastSock 2.0」とは、ファイアウォール環境下にある端末間で
安全に通信を行うためのサーバ/クライアントシステムで、

* サービスアプリケーション (VNCやリモートデスクトップなど)
* BlastSockModule (クライアントサイドのモジュール)
* Web APIサーバ (ユーザーの認証と通信の許可)
* Brokerサーバ (通信状況の判定)
* Relayサーバ (端末間のパケットのリレー)

という5つのコンポーネントからなっています。

BlastSockモジュールは、ユーザーレベルのアプリケーションとし
て動作し、

* 各種サーバとの通信機能
* UPnP機能
* プロキシの自動判定機能
* ポート単位の安全で高速なトンネリング機能

といった機能を備えており、ファイアウォール環境下にある端末間
でもVNCやリモートデスクトップといった上位のサービスアプリケ
ーションの通信を可能にします。
また、上位サービスアプリケーションはTCPの接続先をBlastSock
のモジュールに変更するだけでよいため、既存のアプリケーション
コードをそのまま利用することができます。

BlastSock 1.0からバージョンアップした点は、

* サーバアプライアンスの機能強化
* サーバアルゴリズムの見直しによる通信の安定化と高速化
* BlastSockModuleと上位アプリケーションの分離

となります。今回のバージョンアップにより、大幅な開発効率の向
上が可能になり、お客様にとってより便利なサービスを低コストで
提供させていただけるようになりました。

今後、弊社では、BlastSock 2.0をベースにした新サービスをリリ
ースしてまいりますとともに、BlastSockモジュールと連携してサ
ービスの運営を検討されるパッケージソフトの開発会社様や、ASP
の運営会社様との共同研究も広く進めていく所存です。協業をご検
討いただける開発会社様のお声掛けもお待ちしております。

新サービスの第一弾として、近日中にリモートサポートに特化し
たASP「Helpdove」を発売する予定です。新サービスの詳細は次回
リリースでご案内いたします。

今後も、Evixarの新たな挑戦にぜひご期待ください。


【日本エヴィクサー株式会社の紹介】
リモートコントロールを主とするネットワーク製品、サービスの
研究開発および販売。累計2,500ユーザー。
他に日本IT企業の海外戦略または海外IT企業の日本市場参入サポ
ートも行う。
資本金:20,000千円
設立:2004年3月12日
代表者:瀧川 淳
従業員:12名(非常勤、契約社員を含む)


【本件の連絡先】
日本エヴィクサー株式会社
経営企画室(担当:楢原)
Tel:03-5542-5855
FAX:03-5542-5856
Mail:japan_support@evixar.com
URL:リンク
〒104-0032 東京都中央区八丁堀1-8-6

                                以 上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。